あなたは大丈夫?犯罪に巻き込まれやすいNG部屋の特徴【チェック編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一人世帯が3割を超え、年代に関わらず女性の一人暮らしが増えています。この春から一人暮らしをスタートさせた人もいるのでは?

自由で気楽な一人暮らしですが、常に「怖い目にあったらどうしよう」とトラブルへの不安があるのも事実。とくに働いていて、深夜に帰宅する時に“身の危険”を感じたことがあるという人も少なくないと思います。

空き巣や性犯罪など、一人暮らしの女性を狙った犯罪が多発している今、一人暮らしの若い女性はターゲットになりやすいものです。

そこで自分で自分を守るため、防犯対策にしっかり取り組んでいきましょう。

 

■こんな部屋は狙われやすい! あなたのNG度をチェック

[NG部屋チェック]

(1)部屋が1~2階、または最上階

(2)駅から徒歩10分以上かかる

(3)閑静な住宅街で、日中、不在の家が多い

(4)交番やコンビニが近くにない

(5)人通りの少ない暗い道沿いに部屋がある

(6)マンションに住居人以外も出入りすることができる

(7)郵便物をため込んでいる

(8)玄関に女性とわかる表札や飾りを置いている

(9)部屋のドアについている郵便受けから部屋がのぞける

(10)玄関から室内が丸見え

 

[NG行動チェック]

(11)自分の洗濯物を外に干している

(12)部屋のカーテンで性別が分かる

(13)深夜のコンビニでごはんを買う

(14)着替えをする定位置が窓際、あるいは下着姿でベランダに出る

(15)窓を開けたまま寝る

(16)家を出る時間や帰宅時間が毎日同じ

(17)見知らぬ来客に対してすぐドアを開ける

 

あなたの部屋はどうですか? 当てはまるものが多かったら、早急に防犯対策が必要です。原則は、“女性の一人暮らし”だと分からないようにすること。

コンビニは一人暮らしには欠かせないものですが、深夜のコンビニでは、一人分の食事を買うことなどから、一人暮らしだと分かってしまうこともあります。

また駅からの家路は、人通りの多い道を歩くようにし、毎日同じルートを通らないようにするなどさまざまな対策がトラブルを未然に防いでくれます。

それでは、続く【対策編】では、具体的なトラブルの対策法を見ていきます。

 

【関連記事】

こんなに消費できるなんて…掃除のダイエット効果を検証

あなたのお部屋は大丈夫?運気と美貌を落とすNG風水5つ

一人暮らしで必要そうだけど実はいらなかった家電・家具

肌荒れ原因は部屋の汚れ!? 美容運UPの掃除ポイント3つ

 

【画像】

写真提供:ペイレスイメージズ