これは驚き!赤ワインに「脂肪燃焼の効果」が解明される

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットをしている時は“お酒はご法度”という意識を持っている方も多いと思いますが、ワインだけは別格のようです。

このたびアメリカの専門家による研究で、グラス一杯のワインが体重増加を防ぐ効果があるということが明らかになりました。

 

■ピセアタノールが肥満を抑制

ワインに含まれるポリフェノールがアンチエイジングに良いというのは良く知られていますが、今回発見されたのは、ピセアタノールというぶどうに含まれる物質が、若い脂肪細胞の生成を遅らせ、脂肪細胞の成長を防ぐ効果があるということ。

そしてさらに、インスリンが脂肪細胞の形成に関わる細胞を活性化させるのを阻止する効果もあります。

つまり、赤ワインに含まれる成分に肥満をコントロールする働きがあるということです。

 

■ついてしまった脂肪にも効果がある!?

この研究を行なったアメリカ、インディアナ州パデュー大学のキー・ホン・キム博士は、「ピセアタノールは若い脂肪細胞の成長を妨害し、完全に細胞の成長を抑制する作用が見られます。

ピセアタノールは脂肪細胞になる遺伝子の発現や、遺伝子機能、これらを活性化するインスリンの活動を変える働きがあるのです」と説明しています。

 

このような若い脂肪細胞は、10日以上をかけていくつかの段階を経て成熟した脂肪細胞となります。このピセアタノールは脂肪細胞の蓄積を遅らせ、脂肪の蓄積予防や、さらには体脂肪の減少に大きな期待が見込めるということです。

現在、キム博士は同大学で食科学助教授を務めていて、肥満した動物を使って、この物質にダイエット効果が見られるかを検証しているとのこと。

そのピセアタノールは、レスベラトロールの構造と類似していて、ブドウやブルーベリー、パッション・フルーツにも入っているそうです。

ピセアタノールは、ダイエットだけでなく、心臓病やアルツハイマーなどの神経変性疾患、さらにはガンの予防にもなると考えられていて、今後の研究結果にも期待が高まっているそうです。

このピアセタノールだけを取り出してサプリメントとして肥満の予防に役立たせるということも、将来的には出来そうですね。

 

【関連記事】

赤ワインで不老長寿!? 長生きの遺伝子を活性化する方法

驚くべきことに赤ワインで乳がん予防できることが判明

ひと味違う「チョコとの相性も美肌効果も」抜群な飲み物

普通のワインより「オーガニックワイン」の方が体にいい理由

 

【参考】

※ How a glass of red wine could PREVENT you from putting on weight