今話題の「シジミ」実はシミ改善にも効果的と証明される

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肝臓に良い・疲労回復・ストレス軽減効果など、新生活でのストレスやお花見での飲み過ぎが続くこの時期にピッタリの食品、シジミ。

シジミに含まれる“オルニチン”というアミノ酸成分が、数年前から注目を集めてきました。しかし、シジミ効果はそれだけではなかったのです!

2012年2月8日にオルニチン研究会が開催した「疲労とオルニチンに関する新たな可能性」をテーマにしたセミナーでの、東京シナジークリニック院長で同志社大学研究員の森田祐二氏の発表によれば、シジミには“疲れ肌改善効果・隠れシミ改善効果”という女性にとって嬉しい効果が研究成果として現れたとのこと。

その研究結果についてご紹介します。

 

■疲れ肌効果の検証とは?

「疲れ気味でかつ、肌質が悪い」と感じている25歳から60歳までの健康な日本人女性39名に対して行われた今回の実験。

被験者を無作為に2グループ(オルニチン摂取19名、オルニチンを含まないサプリ摂取20名)に分け、それぞれの試験食品を8週間毎日摂取させたところ、「ハリ、つやがない」「全体的に肌が乾燥する」「肌全体がくすんでいる」「肌荒れが気になる」など22の質問に対して、オルニチンを摂取したグループ全員が全ての質問に対して改善されたと答えたとのこと。

さらには、特に肌の弾力アップや、隠れシミの数の減少などの効果が顕著に現れたそう。

森田氏は、「オルニチンを摂取すると肝機能が鍛えられ、エネルギー共有がアップすると同時に、プロリンの共有力も上がり肌質のアップにつながると推測される」との語っています。

ちなみにプロリンとは、コラーゲンの原料となるアミノ酸成分です。

 

“お酒を飲み過ぎるお父さんにピッタリ”的な印象のあったシジミですが、肌の疲れ全体+シミ改善にも効果的だったのですね! 是非今夜から、美容のために“毎日のシジミ汁習慣”を開始してみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

オルニチン研究会