魚のDHA&EPAでやせる?さばき方も伝授します!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魚は海からの贈り物!

今、魚の栄養を見直そうという気運が高まってきています。魚は高たんぱく&低脂肪といった栄養特性のほかに、DHA、EPA、タウリンなど健康に有益な成分を多く含んでいます。

栄養補給、美肌保持、脳機能の促進など、これらは全て魚の効能として知られているものです。お魚の持つDHAやEPAなどの不飽和脂肪酸・・・よく耳にする単語ですよね?

 

これらは血液中のコレステロールを減らし、サラサラ血液にして、血液循環を良好にしてくれ酵素や栄養が各細胞へきちんと行き渡るようになり、エネルギーとして使われやすくなります。

魚に含有量が多いDHAやEPAは、代謝がアップし、ダイエットに繋がる効果があると言われています! この栄養素は、体に脂肪をつけにくくします。肉の脂と違って魚の脂は脂肪にはなりにくいのです。

 

≪血液の流れが良くなり、代謝アップ効果、ダイエット効果のある魚とは?≫

特に、マグロやイワシ、サバなどの背の青い魚の脂です。秋刀魚や、アジ、カンパチなんかも青魚ですね。秋刀魚は今の時期にもおいしいですし、鯵は1年通して楽しめます。

EPAを損なわないためにも、魚料理の方法で気をつけたいことは、脂が滴り落ちる網焼きよりも、ホイル焼きや蒸し焼きがいいです。つまり、加熱調理する場合は魚焼きグリルよりもフライパンで調理する方が良いということ!

 

お魚の骨にはカルシウムもたくさん含まれており、揚げるだけでパリパリの栄養たっぷりおせんべいが出来ちゃいますので、骨は捨てないで! 良いダシもでますので、お味噌汁にもオススメです。

 

つまり・・・お魚の栄養をたっぷりまるごといただく為にも、切り身よりも一匹買ってすべてを調理してしまうほうが良い! それに安いし、新鮮です!

(どうしても切り身は空気に触れて酸化し、鮮度が落ちます)

こちらのお写真は3枚おろしにして、アジフライにしました。もちろん骨も揚げていただきます。経済的にも、美容にも、味としても一番「オイシイ」食べ方。

日本料理では寿司ネタにしたり、刺身、塩焼き、天ぷら、酢の物など、西洋料理ではマリネ、カルパッチョ、ワイン蒸し、サラダなど 幅広くいただけるお魚。

 

そこで・・・お魚のさばき方ってご存知ですか? なかなかさばける女性って少ないのです。恥ずかしいから人に聞けない・・・というそこのアナタ! 私がどの本よりも分かりやすいさばき方を次回、伝授しちゃいます!!

「魚は海からの贈り物」。皆様も、魚を中心とした食生活を実践してみましょう。

さっそくお魚を買ってきて、実践してみてくださいね!