出されてすぐ食べるのはNG?意外と知らないパンの食べ方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レストランのマナーには自信があっても、いざとなると「これで合ってるんだっけ?」と不安に思うこともしばしば。

カトラリーの扱い方、ナプキンの使い方、料理の食べ方……。あなたのマナーは大丈夫ですか? 今回は、当たり前すぎていまさら人には聞きにくいマナーとして“パンの食べ方”をご説明します。

 

■自分のパン皿はどれ?

まずよくありがちな失敗は、たくさんあるお皿の中から人のパンのお皿を使ってしまうこと。多くの場合、パンのお皿は自分の左奥に置いてあります。

もしパン皿がない場合は、直接テーブルクロスに置いてもマナー違反ではありません。

 

■パン皿の上のナイフの使い方

パンを切るためではなく、バターナイフと呼ばれるナイフです。バターの塊を切り分けたり、パンにバターを塗るために使います。

取り分けたバターに、直接パンを拭ってつけるのはあまり良くありません。

 

■パンが運ばれてきたら?

レストランでは、パンはカゴなどに入れて運ばれてきます。待っていればウェイターがパン皿に置いてくれます。

もし多種類の中から選べるのであれば、好きなものを指で差して選びましょう。パンはおかわり自由ですので、一度に欲張らずに1、2種類にしておきましょう!

 

■食べるタイミングって?

いくらお腹が空いているからといって、前菜が出てくる前にパンを食べるのはあまり良くありません。ただし、スープが出てきた場合は一緒に食べても構いません。

 

■美しい食べ方って?

パンはちぎって一口ずつ食べましょう。スープに浸すのはNG! 飲み終わったスープをパンで拭うのもNGです。

ただ、フランス料理のソースの場合はOKです。綺麗になったお皿は「このソースまでもとっても美味しかった!」と言ってもらえているようで、料理人にとっても嬉しいことなのですよ。その際、パンをフォークで差して拭うとエレガントです。

 

■パンのくずは気にしない!

パンを手でちぎるとくずが出て気になりますが、手で集めるのはよくありません。床に落とすなんてもってのほか!

デザート前にウェイターが、パンくずを集めるためのダストパンという器具で集めてくれますので、それまでじっとしていましょう。

 

あらためてパンの食べ方を見なおしてみて、いかがでしたか? やはりマナーがしっかり身についている女性はとても素敵ですよね。 ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

【関連記事】

ひっくり返して食べるのはNG?「サンマ」の美しい食べ方

思わず周りの人々が見とれるほど美しい「お椀」の扱い方

実はパスタって、スプーンで巻いて食べちゃダメ!?