女性の「食べすぎ防止」に効果のある意外な方法まとめ【スイーツ編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食べることが大好きな方は、ダイエットをしていても「何かを口にしていたい!」と思ってしまうのではないでしょうか?

前回の【自宅編】では、おうちで出来る意外な食べすぎ防止策をご紹介いたしました。

今回は「おやつを食べたい!」「甘いものを食べたい!」という方へ、ダイエット中も妊娠中も、“食べすぎ防止”になる上、カロリーの低いスイーツをご紹介します。

 

■食べすぎ防止に役立つ食材

(1)ヨーグルト

まず、甘いものが食べたくなったら一番におすすめしたいのがこちら。

中には脂肪分やカロリーも高めなものもありますので注意! 必ずローファットを選びましょう。そして無糖なものを選ぶこと。

甘いのが食べたかったらノンカロリーシュガーを入れましょう。妊娠中の方は上質のハチミツをスプーン1杯入れると栄養価も高まります。

また、自宅でケーキを作る場合クリームの代わりにヨーグルトを代用するといいですよ。他には、お菓子作りが苦手にもオススメなのが、“なんちゃってレアチーズケーキ”。

これは、ザルにキッチンペーパーやガーゼをおいて、そこに400gパックのヨーグルトを流し込み、冷蔵庫で一晩寝かせるだけで作れます。

(2)ドライフルーツ

案外カロリー高いので、小さな器に取り分けてちょっとづついただきましょう。ビタミンも豊富です。ハーブティーと一緒にとると、満足度高いですよ!

(3)胚芽ビスケット

外出先では、お昼が遅くなってしまったり、移動時間が長くて体調が悪くなったりしてしまう、という妊婦さんにオススメしたいのがこちら。

普通のビスケットよりも、栄養価かなり高くカロリーも少なめです。お茶やお水と一緒にいただくと、数枚でもかなりお腹が満たされ気分もリフレッシュ!

(4)ノンシュガーのど飴

あと、こちらもオススメです。外出先ではこれを選ぶようにして、ハンバーガーやドーナツ、菓子パンなどの栄養が少なくカロリーが高いものは買わないようにしましょう。

買ってしまったら後の祭り。後悔しても遅いです! 他には、バッグに小さなおにぎりを入れておくのもいいです。カロリーも大幅にカットできますよ。

 

ただ、妊婦さんの中にはどうしてもハンバーガーやフライドポテトが食べたくなる、という方も多いそう。

もちろん毎日食べていたら身体に毒ですし、我慢し過ぎはストレスになり精神的にもNG。カロリーコントロールを気をつけた上で、上手に好きなものを食べれば大丈夫ですよ!

楽しみながらカロリーコントロールをし、ダイエット生活・妊婦ライフが過ごせますように!

 

【関連記事】

あなたは大丈夫?急増する女性の薄毛

ウイルス感染で発症する「子宮頸がん」の初期症状4つ

あなたは大丈夫?本当はとても恐ろしい「偏食症」の実態

もしかして…プチうつ?「働き盛りこそ要注意」な理由