抗酸化はもう古い?アンチエイジングに良い「抗糖化」とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンチエイジング効果でもてはやされている抗酸化成分。ポリフェノールなど活性酸素を除去する成分が、サプリメント分野でも多く出回っていますよね。

しかし、そんな抗酸化成分を押しのけて、ジワジワと話題に上りつつあるのが“抗糖化成分”なのです。そこで今回は、気になる抗糖化について調べてみたいと思います!

 

■抗糖化とは?

抗酸化に次いで注目されている“抗糖化”。「身体の糖化を防ぐことこそが、老化防止につながる」という考え方から生まれたのが、抗糖化なのです。

 

■抗糖化のメカニズム

糖化とは、血糖値が急上昇することで起こる現象。体内に摂り入れた余分な糖分がたんぱく質と結びつくと、老化たんぱく質が形成され、健康被害をもたらすことになります。

しかも、コラーゲンやエラスチンなどの美肌に欠かせない成分は、特に糖化に脅かされやすい性質。そのため、シワやシミなど肌の老化現象を加速させることになってしまいます。

そんな作用から最近では、アンチエイジングには「抗酸化よりも、むしろ抗糖化のほうが大切」という説もあるのです。

 

■抗糖化を促す食品

それでは、抗糖化のためにどんな対策ができるのでしょうか? まずは、糖質の吸収を遅らせる食物繊維が含まれた食べ物。

例えばゴボウ・ホウレンソウ・サツマイモなどを食べるのがオススメです。または、食べ方の工夫として糖質の吸収を抑える酢や柑橘類を多く含む料理を食べたり、調理方法をシフトするのも効果的。

また、ローマカミツレ、セイヨウサンザシ、ドクダミ、ブドウの葉などの天然ハーブをハーブティーにして飲んだり、サプリメントとして摂取することによって、抗糖化作用が期待できるのだとか。

 

抗酸化の次は、抗糖化ブームの兆し。アンチエイジング効果に期待ができそうですね! しかし、何でも“続けること”が大前提で最重要。一日だけ実践したところで、効果は得られません。

キレイの維持を目指すためには、なるべく抗糖化を習慣化し、毎日続けられるように心がけましょう。