春になると「眠いなぁ」と感じることが増える意外な理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

だんだん気候が暖かくなってきましたね。「あ~、こんな時にお昼寝でもしたら気持ち良さそう」などと感じている方も多いはず。

ことわざにも、春眠暁を覚えず(春の夜は眠り心地がいいので、つい寝過ごしてしまうこと)とありますが、まさに春うららかなこの時期、眠いのには、実は体のメカニズムによる変化が原因だったのです!

そのメカニズムについてみていきましょう!

 

■暖かいせいで、脳の血流が減る

気候が暖かい影響で、体内にこもった熱を放出するため血管が広がり、皮膚表面の血流量が増えます。そうすると血圧が低下し、結果脳の血流が減ります。脳の血流が減ると脳が酸素不足になり眠くなるのです。

 

■寒暖の差が自律神経を乱れさせている

冬から春にかけての季節の変わり目は気温の差が激しくなり、自律神経が乱れバランス調整ができなくなってしまいます。

この自律神経のバランスの乱れによって、本来昼に働かなければいけない交感神経が働かず、眠気やだるさ、疲労感といった症状が出ます。このため、春になると眠気を訴える人が多くなるのです。

 

■ビタミンB群が不足する

暖かくなって身体の各器官の動きが活発になり始めると、糖質や脂質から盛んにエネルギーを作る必要があります。

エネルギー変換の時にはビタミンB群が使われるので、結果B群が不足しやすくなります。脳も、膨大なエネルギーを消費する器官なので、こうした栄養素の不足が春の眠気を招いている原因の一つとなっています。

また、睡眠時に必要なホルモン“メラトニン”は、ビタミンB12の影響を受けていますので、これが足りないと夜に上手く眠れず、日中も眠さが続いてしまいます。

 

■この時期の眠さを撃退するには

ビタミンB群を含む代表的な食材は、豆類、赤身魚、レバーなどです。とくに魚介類やレバーはビタミンB12を多く含んでいます。

これらを積極的に摂り、食事だけで補うことが難しい場合はサプリメントで補給するなどして、ビタミンバランスの調整を心がけましょう。