ブルドック顔にならないためにはどうすべきか!!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルドック顔とは。たるみ顔ということです。たるみの悩みとして一番あがるのがホウレイ線!!

ホウレイ線が際立ってしまうと、年齢よりも老けた顔になってしまいます。でもメイクテクニックでホウレイ線をカバーすることができるんですよ♪

ホウレイ線を隠すことばかり考えて、大量のファンデーションを塗りこんでしまうという人。シワの溝にファンデーションが溜まって、余計ホウレイ線が際立ってしまいますので、逆効果。効果的にホウレイ線をカバーするメイクテクニックとは??

 

まず、ホウレイ線が気になる人は、薄付きにナチュラルメイクを心がけること。上級テクニックだと、ワントーン落としたカラーの下地を頬から上に施し、頬から下にはワントーン上げたカラーの下地を使うのがおススメです。下側を明るくすることでハリを出す効果があります。

そして、アイメイクに重点を置いて、視線を目元に集めるようにしましょう。目の錯覚を利用するんです!!

 

また光の反射を使って、ホウレイ線をカバーする方法があります。ホウレイ線にハイライトを入れたり、パール系の化粧下地を使用したり。あくまでも、口元にはあまり手を加えないことがポイントです! 工夫するだけで、ホウレイ線はあまり気にならなくなりますよ。

『たるみ』の原因には、紫外線の影響が大きく関わっています。紫外線が皮膚に強くあたると、真皮層の線維を直接破壊しちゃうんです。怖いですね~。なので、紫外線ケアが重要とっても大切! 肌へ十分栄養を運んで老廃物の除去を促すために、血行をよくしてあげることも効果的です。そのためには、お口のストレッチもおすすめです。

 

<口を大きく動かす『あいうえおストレッチ』>
口のまわりの筋肉、口輪筋。ここを動かすと口元が引き締まって、顔全体の印象もスッキリしてきます。

 

1)口を大きく動かして「あ」を発声します。少し上を向いた状態で口を開ければ大丈夫。顔の筋肉に力を入れたまま、5秒ほどキープします。

2)口を大きく動かして「い」を発声します。口を横に引っ張った形で発声すればOK。このとき口角は少し上げ気味にしましょう。顔の筋肉に力を入れたまま、5秒ほどキープします。

3)口を大きく動かして「う」を発声します。このとき口は前に突き出して頬をすぼめましょう。顔の筋肉に力を入れた状態で、また5秒ほどキープします。

4)口を大きく動かして「え」を発声します。「え」の口の形は、口を大きく開けながら唇を内側に巻き込むようにして歯を隠せばOK。顔の筋肉に力を入れて5秒ほどキープ。

5)口を大きく動かして「お」を発声します。口を前に突き出し、顔の筋肉に力を入れた状態で5秒ほどキープしましょう。

6)1~5の一連の動作を、ゆっくりと5回ほど繰り返してくださいね。

 

ブルドック顔にならないように気をつけましょう~!!