あなたは大丈夫?本当はとても恐ろしい「偏食症」の実態

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃、好きなものだけをひたすら食べ続けたり、お手軽だからといって栄養補助食品だけを食べ続けたりする”偏食症女子”が急増しています。

単なる好き嫌いによる偏食であれば、調理法を工夫したりと解決しやすいのですが、この偏食症は気に入ったものだけをひたすら食べ続けるという性質があるため、改善するには時間がかかるうえに危機感を持っている人が少ないのが実情のよう。

3月22日にTBSで放送された『誰にも言えない女性の悩みワースト20』が、日本全国1万人の女性に“誰にも言えないひそかな悩み”についてのアンケートを実施した結果、この症状が紹介されなんとお悩みランキングの第5位にランクインしていました!

そこで今回は偏食症に陥ってしまう原因と、健康に与える害についてお話しします。

 

■偏食症女子の実態

お腹が空いても、コンビニやスーパーでお惣菜やお弁当などの出来上がったものを簡単に購入することができてしまう現代。

自分で献立を考えたり、栄養バランスを意識することが少なくなったことも影響し、“お手軽思考”が招いた結果が偏食症女子なのではないでしょうか?

「もしかしたら私も……」と思った人、下記のようなことに当てはまっていませんか?

・体に良いからと、野菜ジュースや納豆などの単品を食べ続ける

・忙しいときに手軽に食べられるカロリーメイトなどの栄養補助食品を常食している

これも立派な偏食症なんですよ!

 

■偏食症がもたらす体の異変

いくら体に良い食材を食べているとはいっても、偏食が体にいいわけがありません。 栄養に偏りがあると体に以下のような不調が現れます。

・肌荒れ

・便秘

・血行不良による末端の冷え

・基礎代謝の低下

・不眠

また、ひとつのものだけを食べ続けることで、脳が味覚に慣れてしまい退屈するのだそう。

そして、交感神経からの刺激ホルモンが減り、同じものでもだんだんと味覚が薄れておいしく感じなくなるように……。

体はその時々で必要とする栄養素や味が違います。それを無視して食べたいものだけを食べ続けると、知らぬ間にストレスを溜め込んでしまうというから驚きです。

 

■偏食症からの脱出法

では、どうすれば偏食症から抜け出せるのでしょうか? その方法は以下のとおり。

・一日の食事で同じものを食べないようにする

・好きなものを食べる量を徐々に減らしていき、他の食べ物に興味を持つようにする

 

いかがでしたか? 多くの食べ物や食材が溢れている今だからこそ、味覚を楽しみながら、バランスの良い食事をとるようにしたいものです。

 

【参考】

私の何がイケないの? 全国1万人緊急調査!誰にも言えない女性の悩み ワースト20大発表 – TBSテレビ