あぶらとり紙はNG!0円でできる「テカテカお肌」解消法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

顔に皮脂が出てテカると、ついついあぶらとり紙を使ってしまう方はいませんか? 実は、あぶらとり紙を使用するのはオススメできません。

それは、あぶらとり紙は必要な皮脂まで取り除いてしまい、さらに皮脂がでてしまうという悪循環を招いてしまうからです。

ポイントは、程よい油分力とたっぷりある水分のバランス。なので気になるときは、柔らかいティッシュにスプレー式の美容液を持ち歩きティッシュに吹きかけ、それで抑えましょう。

こうすることで皮脂の取りすぎも抑えられ、水分力も高まります。ちなみに、自分が脂性肌と思いこんでいる方も、本当は隠れ乾燥肌の方はとっても多いです。

そんな隠れ乾燥肌の方は、油分を取る前にしっかり水分補給をし、水分バランスを高めることが大切です。

特に、20代後半になると水分力が足りてなくなってくるので気をつけましょう。

テカリもツヤも紙一重。ほどよい皮脂はお肌にとって必要なので、過剰に取りすぎないように注意してくださいね。

というわけで今回は、ほどよい皮脂を残しつつ、テカりを抑える方法をお伝えします。

 

 

■0円でできるテカテカお肌を防ぐテクとは?

余分な皮脂を抑えるには、蒸しタオルを使った方法がオススメです。タオルを水に濡らして、軽くしぼり電子レンジで40秒程度チンします。

このとき、ヤケドには注意してください。ちょっと熱くて気持ちよくなるくらいの温度で、顔全体に約1分のせましょう。

これで顔の毛穴を開かせて、汚れや皮脂を浮き出させることができます。このあと、優しくふわふわの泡で洗顔をし、通常のスキンケアを行います。

時間があれば栄養分が配合されたフェイスパックなどもオススメです。この方法は頻繁に行うと皮脂を取りすぎて肌のバリア機能を低下させてしまうので、週に1~2回を目安にお手入れしましょう。

皮脂の悩みだけではなく、毛穴の黒ずみ防止効果もあります。

また、温かい蒸しタオルは顔だけではなく、首の後ろなどにものせると肩こりにも効果的ですよ。

 

いかがでしたか? 0円でできるので、是非これでテカりのない、きめ細かい美肌になってくださいね!

 

【関連記事】

ヒアルロン酸の130%の保水力!内閣総理大臣賞受賞の新成分とは?