新生活の前に覚えておきたい「朝5分」の時短メイク術【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人との出会いが多い春。印象美人になるために、慌ただしい新生活の朝でも即“きちんとメイク”に見せる、とっておきの時短メイク術をお伝えしています。

【前編】に引き続き、今回はアイメイクやチーク、リップなどの時短テクニックをご紹介します!

 

■華やかアイメイクもたったの3分で!

ついつい時間が長くなるアイメイクも、便利なコスメや指先をうまく使えば短時間で華やかに仕上げることが可能です。

まずはアイシャドウから。ベースとなるアイシャドウを指で伸ばし、芯の柔らかいアイライナーペンシルを締め色代わりに使うことで、2色の濃淡グラデーションが簡単に作れます。

最初に、パール入りの淡い色のアイシャドウを上まぶたのアイホール全体に指で伸ばします。

つづいて、上まぶたのキワに芯の柔らかいアイライナーペンシルで少し太めのラインを引きましょう。

さらに、下まぶたの目尻側1/3の部分にもさっとラインを引き、仕上げに指で上下のまぶたのラインをぼかします。これで自然な陰影のある目元が完成。

ちなみにアイラインを引く時は、空いている片方の手で軽くまぶたを持ち上げると、まつ毛のキワがしっかり見えて、ぐっと引きやすくなりますよ。

ビューラーでまつ毛を上げたら、つづいてマスカラ。

マスカラを塗る時、ブラシをジグザグに動かすとまつ毛にしっかりとマスカラ液が絡んで簡単にボリュームがアップします。根元からしっかりと塗ることで、ナチュラルながらも印象的な眼差しに!

アイブロウは、ペンシルライナーとパウダーチップが両端にセットされたダブルエンド型のものがおすすめ。眉山から眉尻までをペンシルで描き、眉頭はパウダーチップでぼかすことで、ナチュラルな眉に仕上がります。

 

■リップ&チークは1分で超速仕上げ

メイクの総仕上げはリップ&チーク。アイメイクに押されて軽視されがちですが、実はポイントメイクの中でも最も省略してほしくないのがココ!

肌や唇の血色をよく見せることで顔全体がパッと明るくなり、きちんとメイクしているように見えるのです。

チークは、パウダーと容器が一体になった、いわゆるポンポンチークが便利。ニコッと笑った時に頬の一番高くなるポイントから、斜め上に向かってポンポンとなじませます。

また、リップはグロスのツヤと口紅の発色を兼ね備えた、リキッドルージュがおすすめ。

チップの先を使って手早くきちんと輪郭が取れるので、だらしない印象にもなりません。唇の中央にややたっぷりめにつけると、ぷっくりとした唇が演出できますよ。

所要時間はたったの5分。これですべてのメイクが完了です!

 

時短メイクのポイントは、本当に必要なプロセスを見極め、それ以外は思いきってカットすること。

たとえば、肌のきれいな人ならばファンデーションは厚塗りせずポイント使いのみで大丈夫ですし、眉がもともとしっかりしている人は眉マスカラをさっと重ねるだけでも十分ですよね。

ご自身の肌質や顔立ちを知って、上手に“引き算”することが時短につながるのです。

また、ビューラーを使うのが苦手ならカールアップ効果の高いマスカラでまつ毛を根元から持ち上げるなど、便利なコスメはこの際どんどん活用してしまいましょう!

この春、手早くキレイに変身する方法を身につけて、気持ち良く新生活のスタートを切ってくださいね。