お花見で「女子力スゲー!」と言われるための基礎知識4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

間もなく関東も桜が咲き始め、いよいよ本格的なお花見シーズンが到来しますね。皆さん、もう計画は立てていますか? しかし実は外での行楽は、何気ないところで厳しく女子力をチェックされてしまいます。

そこで今回は、お花見をするときに気をつけたい4つのポイントについてお話しします。

 

■1:お花見中の冷え対策

桜が咲いて春めいたとはいえ、外はまだまだ肌寒い季節です。お花見中になるべく体を冷やさないよう、しっかり準備をしましょう。

冷え対策として用意したいものは以下の5つ。

・ダンボール → レジャーシートの下にダンボールを敷くと、暖かさがアップ

・ステンレスマグ → 暖かい飲み物を用意して体の中から温めましょう

・カイロやひざ掛け

・マフラーやレッグウォーマー、冷えやすい人は薄手の腹巻

・保温効果のあるキャミソールやインナー

冷えるとトイレが近くなります。お花見会場のトイレは長蛇の列ができるほど混み合っていますよね? 会場近くにトイレがあるか下調べをすると、いざというときに焦らなくてすみます。

 

■2:お花見ヘア

外で過ごすとき、ヘアスタイルはとても気になるポイントですよね? 朝どんなに完璧なヘアスタイルにセットをしても、風が吹くなか長時間外にいるとなれば、気がついたらボサボサヘアになってしまいがちですよね?

しかも、グロスをしている唇に髪が張りつき何度も払う姿は、はたから見て気になって仕方がありません。そうならないためにも、まとめ髪にするのが良いでしょう。

そして、髪にタバコや食べものの香りがついてしまったときのためにヘアコロンがあるといいですよね。

 

■3:お花見ファッション

普段と違いレジャーシートの上に座って長時間過ごすお花見。かわいいからといって、ミニスカートを履いたり、真っ白コーデはふさわしくありません。

ここでは、お花見に適したファッションの4つのポイントは以下のとおり。

・座ったときに下着が見えないようなパンツスタイル

・レジャーシートに上がるときに、脱いだり履いたりしやすい靴

・汚れが目立たないような色

・寒さや暑さに対応できるような脱ぎ着しやすいカーディガンがあると便利

 

■4:お花見メイク

4月も紫外線が強い時期です。外で過ごすとなれば、UVケアはいつもより慎重にしたいところ。 お花見メイクで気を付けたい4つのポイントは以下のとおり。

・日焼けどめは顔だけでなく、首や腕など露出していないところも忘れずに

・日中のお直しは、SPF入りのパウダーを重ねて紫外線対策

・外で見るファンデのヨレやシワへの入り込みはとても目立ちます。保湿効果のあるミストやクリームを使って、丁寧に直しましょう

・アイメイクは濃すぎず、外で見てもナチュラルに仕上がるように心がける

 

いかがでしたか? 今年の関東の桜の開花予想は、3月末から4月中旬くらいまで。満開で美しい春の風物詩を楽しむためにも、お花見の計画は早めに立てたいものです。

ちなみにgoo旅行のお花見特集では、関東の人気お花見スポットベスト3は以下のとおり。

1位:千鳥ヶ淵緑道

2位:新宿御苑

3位:上野恩賜公園

いい場所で桜を見るためには場所取りも必要ですので、役割分担も早めに決めましょう。そして、桜の美しさに負けないよう、お花見の場でも女子力の高さを見せつけちゃいましょう!

 

【女子力アップ】

アナタの「すっぴん女子力」はどれくらい?無料でズバリ診断!

機械オンチでも大丈夫!最強「女子力UPアプリ」ベスト3

なんと「テリーヌ」を極めることで女子力がアップする!?

 

【参考】

goo 旅行 – お花見特集2012