新入社員必見!好感度100%アップの「武井咲」メイクテク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ新年度。新入社員の方をはじめ、生活環境が変わる方、とくに身の周りの変化はないけれど、ちょっとイメチェンしたい方も必見!

今回は新入社員はもちろん、周囲にフレッシュな印象を与えたい方のために、好感度No.1の人気女優、“武井咲風”ナチュラル新人メイクをご紹介します。

 

・どんな気合いメイクより最強! 透き通る素肌の透明感

自身が出演する資生堂『マキアージュ』の新CM発表会ではスッピンに限りなく近い超ナチュラルメイクを披露するなど、話題の女優、武井咲さん。

その素肌は決して厚塗り感はなくいのに、カバー力はしっかり。そのためには、下地選びが重要です。

気になる部分はコンシーラーを“塗る”ではなく“点で置く”ように意識してカバー。下地づくりがしっかりできていれば、最後はパウダーをはたく程度で十分です。

 

・永遠の正統派美人の証! ナチュラル太眉

武井咲さんのトレードマークと言えば、ほとんど整えていないようにも見えるナチュラルな太眉。カーブのない一文字の眉は、正統派・純粋そうというイメージを与える他、凛とした印象で知性と気品も備えているため、会社の上司や先輩ウケもマル。

アイブロウで描くというよりは、パウダーでぼかすように太眉を形成。また、眉の太さは自分の“目の縦幅の半分”くらいを目安にしましょう。

ただし、太眉が良いとはいえ“眉の手入れしていない人”状態にならないよう、眉毛の下(アイホール部分)の毛は、しっかり抜きましょう。

また、一文字の眉毛は角度があるほど怒っているような印象を与えてしまう可能性があるので、角度をつけないよう注意!

 

・アイシャドウは薄めに、目ヂカラはこっそりと

メイクの中で最もカラーが使えるのがアイシャドウ。でも、グレーやブラウンなど濃いアイシャドウのグラデーションは、オフィスでは場違い感が!

色を入れるならナチュラルなベージュ系か、服に合わせたカラーや春らしいパステル系を薄く塗る程度にしましょう。

つけまつ毛はもちろんNG。マスカラは一度塗りに抑えるなど、極力ばっちりメイクは控えるのが鉄則です。

「武井咲のような目ヂカラがない……」という方は、瞳を大きく見せるフチありのコンタクトをつけるだけで、ナチュラルメイクでもパッチリ目ヂカラが手に入るのでオススメです。

 

・チークはあくまでキリリと引き締める役割

ピンク色のまあるいチークは、学生気分が抜け切れていない印象に。ビジネスシーンでは控えた方が無難です。

チークを入れるならあくまでも血色アップ&引き締め小顔効果のために、コーラル系のカラーをチョイスするのが正解。“いかにも入れてます”感が出ないように、あくまでもシェーディング程度に肌になじませる感じで入れましょう。

ブラシで頬骨の下から斜め上にサッと伸ばすようなイメージ。ブラシに残ったパウダーで輪郭をぐるっと一周囲うようにはたけば、それだけでも小顔効果がアップします。

 

・社会人メイクしてます感は唇に表れる

口元は、品格が表れると言われているパーツ。どんなに他のメイクを頑張ってもここを手抜きしていると、残念な印象に。せっかくなのでこの時期は、春らしいピンク系などのリップをチョイスしたいものですよね。

口紅は顔色を良く見せてくれる他、ナチュラルメイクでも『メイクしている感』があるので、ある程度のマナーとしてメイクが必要なときには、是非使いたいアイテム。

適度なうるおいとツヤ感はプラス効果ですが、間違ってもキラキラ・ラメラメなグロスはNG。可愛さアピール具合がバレるメイクは、プライベートだけにしましょう!

 

いかがでしたか? 韓国でもナチュラルメイクが主流ですが、やはり素肌感を最重視している模様。

肌が美しいだけで、美人度もアップするので、他のパーツのメイクに時間をかけるより、スキンケアや下地づくりを入念に行うのが得策かもしれません。

新入社員の皆さんも是非、参考にしてくださいね。

 

【オフィス特集】

実は普段OKでも就活やオフィスだと悪印象な「NGメイク」

働く女性はわずか「2時間22分で美の賞味期限」が切れる

実は超厳しい…女性の会社での格好について男性の本音

体重を気にする女性は「仕事で成功しない」ことが判明!