寝てる間にキレイになれる!人には言えないズボラ美容

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一日の時間の中で大きく占める睡眠。この睡眠をより効果的に使って美しくなれる方法があれば、誰だって知りたいですよね? 寝ている間にもキレイになれる方法を知って、美しくなっちゃいましょう。

 

 

■寝ている間にキレイになれる方法って?

大切なのは、睡眠中に成長ホルモンを分泌させることなのです。このホルモンは、別名若返りホルモンといって、美肌など導くと言われています。

そして、眠っている間に肌だけではなく内臓が受けたダメージの修復もしてくれるので、キレイになるために必要なのは、質の良い睡眠を取ることなのです!

あなたは普段、どんなに寝ていても疲れが取れなかったり、浅い眠りで熟睡できなかったりする、というような状態になっていませんか?

そうならないようにするには、午前0時には就寝して睡眠時間を7.5時間~6時間くらいは確保することが重要です。また、昼間に15分程度お昼寝をする時間があると尚良いです。

さらに、寝る前1時間と、起床後の30分は穏やかに過ごすことに気を配ってみてください。

もちろん快眠を得るために必要なのはこれだけではありません。体内の熱を手足から放出して、体の深部体温を下げることもポイントになります。

なので、緊張をほぐしてあげてリラックスし、以下のような血流をよくするストレッチをして、手足を温め、体温を放出させましょう。

 

■快眠を導く簡単ストレッチとは?

(1)椅子に座って力を抜いて、両手と両足を前に伸ばしてブラブラと手足を揺すります。

(2)顔面から両手、両足にギュッと力を入れて5秒間キープします。両手はグーにして、足のつま先は天井に向くように体中をギューッと力を入れます。

(3)目をつぶり、全身の力を抜いて脱力しそのまま10秒間リラックス。両手はパーにして、足は爪の先まで力を抜きます。

 

この“筋弛緩運動”といわれる工程を3~5回程度繰り返すことによって、質の良い睡眠が得られちゃいますよ。あとは、寝る空間を自分がリラックスできる空間にしておくだけ。

翌朝すっきり目覚めるためにも、寝室は徐々に明るくなるのが理想的なのでカーテンを少し開けておくなど、太陽の光が寝室に差し込むように工夫をしてみてくださいね。

 

【関連記事】

間食するならコレ!若々しい美肌を保つ食べ物ベスト5

乾燥注意!知らないと後悔する「最強の美容成分」ベスト5

今すぐやめて!まつ毛の寿命を縮めちゃうNG行動ワースト5

「サプリ先進国」アメリカ1万人調査!人気サプリベスト5