「サプリ先進国」アメリカ1万人調査!人気サプリベスト5

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加



サプリ先進国と呼ばれているアメリカ。利用者は毎日、数種類~10種類ものサプリメント摂取し、1種類しか摂らない人はなんと1割以下なのだとか。

そんなサプリメント大国・アメリカで人気のサプリベスト5とは……?

 

■米国人が選ぶ、毎日摂りたい“定番サプリ”

先日、米コンシューマ−ラボ社から、米国消費者1万人以上に調査したサプリメント利用アンケート結果が公表されました。気になるランキングはこちらです!

1位:魚油(EPA、DHA、オメガ3脂肪酸)

2位:マルチビタミン

3位:ビタミンD

4位:カルシウム

5位:コエンザイムQ10

日本でも諸外国でも、定着した人気を誇るマルチビタミンが2位になり、1位に君臨したのが魚油! 魚油とは不飽和脂肪酸のことで、EPA、DHAが挙げられます。

日本では、脳の活性化効果を期待して利用されることが多いのですが、他にもたくさんの効果があるのです。例えば、善玉コレステロールを増やし中性脂肪を減らす働きがあるほか、動脈硬化、認知症の予防にも。

さらに、近年若年層からも注目されるようになった要素としては、筋肉量の増加や体脂肪の減少効果なども挙げられます。さらに近年では、がんの予防効果にも期待が集まっています。

上記はアメリカ人1万人による全体のランキングですが、そのほかにも性別や年齢によっても、選ぶサプリメントは変わるようです。

 

■女性が選ぶサプリの特徴

・ビタミンDやカルシウム、ビタミンB群、鉄分など、女性に不足しがちな成分を積極的に摂取している。

※ビタミンDとカルシウムはセットで摂ると効果的。ビタミンDは骨の形成に関わる成分。カルシウムやリンの吸収を助けます。

不足すること骨折しやしくなったり、骨粗しょう症になることも。女性は特に、カルシウムや鉄分が不足しがちなので、サプリメントで摂るのが効率的です!

 

■男性が選ぶサプリの特徴

・アミノ酸やレスベラトロール、紅麹、ビタミンK、植物ステロールなどを多く摂取する。

※アミノ酸によるエネルギー代謝向上や筋肉増強を期待する人が多いようです。

また、レスベラトロールによるアンチエイジング、紅麹や植物ステロールによるコレステロール低減など、多くの悩みをサプリメントに期待していることがわかります。

 

■シニア層が選ぶサプリの特徴

ビタミンDを6割以上の人が飲んでいる。

・高齢な程、カルシウム、CoQ10、ビタミンB群、ビタミンCとE、レスベラトロールなど複合して利用する率が高い。

※骨を丈夫に保ちたいという気持からか、骨の健康を維持するビタミンDは特に多く使用されています。

食欲も若いころに比べると衰え、食物から満足な量の成分を摂り入れることが出来ないことから、多数のサプリメントによってその健康を保つという意識が高いようです。

 

アメリカでは医師が患者にサプリメントを処方することが少なくありません。

アメリカ的な予防医学の考え方は、日本ではまだ定着していませんが、病気の予防はもちろん、美容と健康維持のためにも、自分に合ったサプリメントを探してみてはいかがでしょうか?

 

【ランキング記事】

間食するならコレ!若々しい美肌を保つ食べ物ベスト5

乾燥注意!知らないと後悔する「最強の美容成分」ベスト5

今すぐやめて!まつ毛の寿命を縮めちゃうNG行動ワースト5

 

【参考】

※ 『健康産業新聞』 第1426号 2012年3月7日 UBMジャパン・グループ