あなたの備えは万全?震災のとき必要になるコスメ類8つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東日本大震災から1年が経ち、今後起こりうる可能性が取り沙汰されている首都直下型地震。みなさん自宅やオフィスに防災グッズを常備しているかと思います。

被災時に一番必要なものは食糧や医薬品、ラジオなどですが、女性にとってはやはり化粧品類も欠かせないものです。

そこで今回は震災用に備えておくと便利なコスメ類を選んでみました。あなたの備えは万全ですか?

 

■1:水のいらないシャンプー

水が貴重なものとなる時、水のいらないシャンプーは役立ちます。

 

■2:どの部位にも使える保湿バーム

オーガニック製品などにある、顔、体、唇などどの部位にも使える保湿剤はひとつあるとかなり頼れるアイテム。

 

■3:ベビー用ウエットティッシュ

入浴できない場合には、肌刺激のないウエットティッシュなどでデリケートゾーンのケアがきます。

 

■4:ナプキンなどの生理用品

ナプキンを黒いビニール袋などにいれて即席のトイレにすることもできます。経血はハンカチやタオルなどの布類でも代用できます。

 

■5:石けんや除菌剤

顔を洗ったり手を洗ったりする石けん。水がない場合にはスプレーやジェルなどの除菌アイテムがあると便利。

 

■6:常備薬

常備薬やサプリメントはそのまま水なしで飲めるドリンクタイプも準備しておくとよいでしょう。

 

■7:歯ブラシ、爪切りなど

衛生的に過ごすことを考えると意外に重要なのが歯ブラシです。オフィスや外出先でも備えておきたいものです。

 

■8:歩きやすい靴

パンプスで長時間歩くのは困難。コンパクトな室内履きなどを持っておくといざという時に安心です。外に長くいる方はぜひ!

 

特に気をつけたいのが衛生面のケアのようです。ショーツなど下着類もあるとよいかもしれませんし、さらに冷え症の人には冬場だったらカイロなども必要です。

日常使っているコンタクト製品も必需品ですね。

 

【関連記事】

災害などの非常時に備えておきたいお役立ち美容法7つ

今や緊急時に備えて「コスメも防災用」を用意する時代!?

みんなに愛されてる懐かしのお菓子「ビスコ」保存缶を発売