今まさに知っておきたい「花粉症に効くアロマ」3つ【清涼感編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「花粉症かも? いや、違うはず……」毎年、こんな葛藤を繰り広げている方は多いことでしょう。

そんな“花粉症予備軍”のあなたに、まず試していただきたい対策をお伝えします。

それは、一般的に“効き目が穏やか”とされる“アロマテラピー”を用いた対策! 今回は、花粉症に効くとされる清涼感のあるエッセンシャルオイル(精油)を3つご紹介します。

 

■1:ティートゥリー(ティーツリー)

数あるアロマの中でも、ティートリーは花粉症改善に効果的とされる精油。清涼感のある香りで、強い抗菌・抗ウイルス作用とともに、免疫系を強化する作用があります。

ただ肌には少し刺激が強い場合があるので、お部屋での芳香浴にオススメです。鼻水や鼻づまりが気になって眠れないという方は、寝る前に花粉症のアロマとしてティートリーを焚いてから寝るのもオススメです。

 

■2:ユーカリラジアタ

すーっとしたハーバル感たっぷりな香り。たくさんの種類があるユーカリの中でも、成分的にも穏やかでお子様にも安心なのが、このユーカリラジアタです。

呼吸器系に良いとされ、副鼻腔炎などの炎症を抑える効果があるので、不快な鼻づまりを緩和させることができます。

 

■3:ペパーミント

清涼感といえば、鋭いメンソールの香りのペパーミントの精油は欠かせません。メントールは、揮発性の精油成分。

鼻粘液の排出作用などがあるので、花粉症の呼吸器系全般のトラブルの解消に役立ちます。

 

またアロマというと、「ディフューザーを持っていないからできない」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ティッシュに数滴落として机に置くだけのお手軽な方法でもきちんと効果があります。

そして花粉症対策としては、外出時のマスクに1滴落とすのもオススメの方法です!

アロマオイルは天然の成分を基に作られたものが多いので、体にやさしく、また薬のような副作用もほとんどないので、「まだ花粉症の薬を飲む気がしない」という方にも最適ですよ。

まずは、清涼感のあるエッセンシャルオイルを使った花粉症対策にトライしてみてはいかがですか?