肌荒れしやすい春…改めて見直したい「美人の基本」情報

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あっという間に春ですね。みなさま、お肌の調子はいかがですか? 冬は湿度が低く乾燥から守るため、お肌ケアも重要視する人も多いかと思いますが、春のお肌ケアはどうでしょう?

実は春は、お肌にとって、とても過酷な季節なのです! シワ・やたるみを引き起こす紫外線“UV-A”が一年で一番多量に降り注ぐのは、5月! つまり春です。

そして、花粉や黄砂・ホコリの影響でお肌が敏感になり、一年で一番肌荒れを起こしてしまうのも、やっぱり春なのです。

 

■スキンケア+体の内側からの美肌ケアが必要!

そんな過酷な春を乗り切るためには、毎日のスキンケアだけではなく日々の“食生活”にも充分な注意を払う必要があります。

もう春になってしまいましたが、食生活の見直し始めるのは今からでも遅くありません!

これから夏まで肌トラブル知らずで過ごすため、美肌をキープするために、改めて知っておきたい基本の栄養素を以下からご紹介します。

 

■美肌を作る6大栄養素とは?

(1)たんぱく質

まず、人間の身体を作る材料がたんぱく質です。私達の肌、髪の毛、血液、ホルモン、酵素、細胞、筋肉、臓器などを作る基本物質であり、エネルギー源にもなります。

これは毎日、必ず摂りたい栄養素です。必要なたんぱく質の摂取は、私達の健康維持に直接関係してきます。美肌作りにも健康にも欠かせません。

ちなみにたんぱく質を多く含む食品には、卵・肉類・魚介類・大豆製品があります。

 

(2)脂質

最も効率の良いエネルギー源です。良質の脂質は身体を守り、体温を整えてます。

また、嬉しい事に乾燥から守ってくれるのです。乾燥知らずのしっとり肌をキープするためには、良質の脂質が適量必要です。

特に魚類には良質の脂質が多く含まれます。

 

(3)糖質

糖質は、大部分がエネルギー源として利用されます。過度なダイエットで糖質を摂取しないと、身体に不調(ケトーシス)が生じるので一日100g以上の糖質が必要とされます。

新陳代謝を整えるためにも必要な栄養素です。

 

(4)ミネラル類

カルシウムや鉄分・亜鉛などからなる無機質のことで身体のバランスを保ってくれます。特に、鉄分は、貧血を防ぎ、ピンク色の血色が良く綺麗な肌を保つためには、欠かせない栄養素です。

また、鉄分は酸素の運搬には欠かせません。新しい細胞を生み出すためにも積極的に取り入れたいものです。特に女性は、月経で鉄分を失いやすいので意識して摂りましょう。

こちらは、海苔や大豆・はまぐりに多く含まれます。

 

(5)ビタミン類

身体の成長をサポートしてくれます。特にビタミンCは、シミやシワ・たるみを予防するための抗酸化力が強く、女性の頼もしい栄養素です。

特に色の濃い緑黄色野菜に多く含まれます。抗酸化力の高い緑黄色野菜は、老化予防に最適です。

 

(6)食物繊維

身体のデトックスをしてくれるのが食物繊維です。「腸から老いる」とも言われるように、腸の老化や腸に溜まった老廃物の多さは、私達の体やお肌に直接影響を現します。

便秘になると肌荒れすると言われるのはそのためです。現在では、病気の予防や治療にも食物繊維が注目を浴びています。美肌のためにも・健康のためにも意識して摂りたい栄養素です。

これは干ししいたけ・干しひじき・切り干し大根に多く含まれます。

 

いかがでしたか? 基本中の基本ですが、うっかり忘れている方も多いはず。美肌作りに欠かせない栄養素は、たんぱく質・脂質・糖質・ミネラル類・ビタミン類・食物繊維。

これらをバランスよく摂ることで、健康で美しいお肌や身体を維持することができるのです! 今すぐ積極的に摂り入れて、身体の中から美肌美人を目指していきましょう!

これで今年の春は、トラブル知らずのお肌で、注目度No.1間違いなしですよ。

 

【春の乾燥対策】

※ ノーベル賞受賞のスキンケア!疲れた肌がみるみるうちに生き返える【美レンジャー特典あり】

※ 乾燥注意!働き女子の「日中保湿」は化粧水より●●が正解

※ 自宅でOK!「乾燥肌のボディ」から簡単に脱却する方法

※ 春までには知っておきたい「乾燥肌に効く」食べ物6つ