温泉に浸かって脂肪燃焼!ダイエット効果を高める入浴法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界には国ごとにたくさんの美容法がありますが、日本の美容・健康法といえば、やはり“温泉”ではないでしょうか。

気持ちと体をリフレッシュさせるためにも、卒業旅行や春休みに温泉旅行を考えているという人もいるかもしれませんね。

せっかく温泉に入るなら、ダイエットや美肌効果を思う存分享受したいもの。そこで今回は、美ボディになる温泉の入り方をご紹介したいと思います。

 

■ダイエットに効果的な入浴法とは?

温泉には様々な効果がありますが、まず体を芯から温めることで代謝を高め“痩せやすい体質”にスイッチできます。

また水圧がかかることで全身のマッサージにもなり疲れやむくみの解消につながります。さらに自然の含有成分が血行や代謝を促進するので、その泉質によってプラスの効果が得られます。

ダイエット入浴の秘訣は、芯から体を温め、日頃滞りがちな体のめぐりを良くするのがポイントですね。

 

■体の芯から温まるには?

体の芯まで温まるには、入浴を何回かに分けて行なうのがポイントです。かけ湯をしてから、一度お湯につかり5分ほど全身を温めます。

その後、体や髪を洗い、再度じっくりお湯に浸かります。一度目よりは長く8~10分ほどお湯に浸かったら、休憩をとります。

そして最後に3分ほどさっとお湯に入って上がります。目安としては額にじわっと汗をかいたら一度上がるようにします。

 

■ここは死守! 美肌のための気をつけたいポイント

弱アルカリ性の温泉の場合、お肌を洗浄する効果があるので、自宅と同じようにゴシゴシ体や顔を洗うのは厳禁です。手で優しく洗う程度で十分。

湯あがりには保湿ケアを忘れずに!

 

■入浴後は水分をとって休憩する!

温泉に入るとたくさん汗をかきますが、温泉から上がった後も、発汗は続いています。こまめに水分補給をして、入浴後30分くらいはお部屋でごろごろと休憩します。

そうすることで全身のリラックス効果がさらに高まります。

 

ちなみに、日本3大美人の湯とされる温泉が選出されていて、和歌山県龍神温泉、島根県湯の川温泉、群馬県川中温泉だそうです。

やっぱり、温泉の美白効果はどんな美容液よりも高い気がします。

 

【関連記事】

※ 一度は行くべき「女の願いが叶う」最強パワースポット10選【前編】

※ 一度は行くべき「女の願いが叶う」最強パワースポット10選【後編】

※ 温泉に浸かって脂肪燃焼!ダイエット効果を高める入浴法

※ エネルギー補給できる!超気軽な距離のパワースポット6つ

※ 江戸時代「願いを叶える」と信じられたパワースポット4つ