科学で実証された「マッサージで痩せやすい体になる」理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カナダのマックマスター大学による「細胞レベルでのマッサージ効果についての研究結果の論文」が医学誌『Science Translational Medicine誌』に掲載され、話題を呼んでいます。

研究によると、マッサージはただ気持ちが良くなるだけではないようです。もちろんリラックス効果も期待出来ますが、もっと細胞レベルで体によさそうなので、詳しくご紹介します。

 

マッサージによってミトコンドリアが増える

まず、マッサージにどんな医学的効果があるのかを見ていきましょう。医学誌『Science Translational Medicine誌』では、以下のように発表されています。

マックマスター大学研究チームの実験によると、筋肉を疲労困憊させた後、そこをマッサージした結果、ミトコンドリアを増やす、“PCG-1alpha”というプロテインレベルが増え、“NFκB”減少。これによって筋肉の炎症が抑えられた。

ちょっと専門用語が多くてわかりづらいですよね。これはつまり、筋細胞を修復しながらエネルギーを消費してくれ、ダイエットにも重要なミトコンドリアが増えるということです。

マッサージによって癒されるだけでなく、このような理由で痩せ体質に導いてくれるなんて嬉しいですよね。

 

マッサージによって血管を広げる物質が出る

また、マッサージなど外部からの刺激を受けると、血管の内側にある内皮細胞から、血管を広げる一酸化窒素が出るそうです。

マッサージによって血行が良くなったと感じることは多いと思いますが、実は体内ではこのような現象が起こっているのです。

ちなみに血行は促進することで、ダイエットだけでなく、冷えやむくみにも期待できます。

 

■マッサージによって小型(未分化)脂肪細胞を減らせる!

そして、脂肪細胞を“伸縮”(マッサージなどで)させることは、脂肪を溜め込む前の“小型(未分化)脂肪細胞”を減らすことにつながります。

つまり、これから大きくなってしまう赤ちゃん脂肪細胞が、成長しないようにしてくれるのです。ただ、一度増えてしまった脂肪細胞を減らすことは、非現実的なことのようです。

なので、あくまで予防でマッサージを取り入れると良いでしょう。

 

最新の研究では、次々に“マッサージがダイエットに良い効果を生み出す”ということが明らかになりつつあるようです。

マッサージは、リンパの流れを助けてくれたり、むくみを軽減する効果もあります。日々の疲れや老廃物をマッサージでデトックスして、脂肪を溜めにくい体にしましょう。

 

【簡単に痩せる方法】

知らないと損する「押すだけで簡単に痩せる」ツボ2つ

人間は「同じものを食べ続ける」と痩せることが判明!

科学で実証された「脂肪が付きにくい体になる」料理とは

これは盲点…知られざる「痩せやすい体」を作る簡単テク

アソコを刺激するだけ!「痩せやすい体」を作る超簡単テク

 

【参考】

Science Translational Medicine – サイエンス誌