信じられないところに原因を発見…驚愕の肩こり解消法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで肩こりの主な原因は血のめぐりの悪化によるものだと言われてきました。でも、いくら体を温めても一向に肩こりが改善されなかった方も多いのでは?

そこで、長年の肩こりと今度こそお別れしたい方へ、肩からちょっと離れたところにある意外な原因ふたつとその解消法をご紹介します。

 

意外な原因1:鎖骨

鎖骨のまわりに“胸郭出口”という部位があるのですが、ここには神経や血管の大事な通り道があります。

ここを圧迫してしまうと肩こりの原因に。腕の重さなどが、もろにかかるなで肩の女性がこのような症状が出やすいようです。

これを軽減する為には、姿勢を良くし、猫背にならないように気をつけたり、鎖骨を上げる筋肉を鍛えると効果が出やすいです。

また、“鎖骨周りの筋肉”も忘れずほぐすことも大事。

 

意外な原因2:TCH(噛み締めるクセ)

普段、ものを噛むときや話すとき以外で口を閉じている間はずっと、上の歯と下の歯は離れているもの

TCHは、集中しているときやストレスを感じているときなど、気がつかないうちにしてしまっているようです。

このようにずっと噛み締めたままの状態が続くと、咬むときに使う“咬筋”という筋肉が緊張し、疲れた状態になります。

それを補おうと周りの筋肉である、“胸鎖乳突筋”(首から胸にかけての筋肉)や“僧帽筋”(首上から肩へ広がっている筋肉)といった肩周りの筋肉が緊張し、肩こりになるのです。

この解消法は、とにかく無意識に噛み締めてしまうのを減らすこと。無意識なので、意識を持たせないといけません。

このとき有効なのが、“ふせん”。ふせんに“歯を離す”などと書いて、目の付くところに貼っておくだけですが、意外と効くようです。

 

以上ふたつ、肩と全く関係ない部位も肩こりと深く関係しています。血のめぐりをよくしてもなかなか治らないときは、是非ためしてみてくださいね。