この時期は疲れやすくなる?「春に感じる体の不調」トップ5【後編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「寒さが和らいできたのに、なぜか体の調子が良くない……」冬から春への季節の変わり目は、“なんとなく“の不調を感じやすい時期なのです。

そこで、前回の記事に続いて、『血めぐり研究会 supported by Kao』が女性900人に行ったアンケート結果から、春の不調の症状と対策をまとめてみました!

この後編では、3位からスタートです。

 

■3位:冷え・・・22.3%

この時期は、油断からくる体の冷えが意外に深刻……。いくら「春の新作アイテムをまとっておしゃれしたい!」と思っても、必要以上の薄着は禁物です。

あったかインナーを重ね着するなど、体を冷やさないよう工夫してみてくださいね。

 

■2位:肩こり・・・25.2%

なんと20~50代の女性の4 人にひとりが、春先、“冷えによる肩こり”に悩まされていることがわかりました! 肩こりは昔から女性の健康の悩みの中でも上位を占める症状。

しかしながら、“こり”はなぜ起こるのかといった、そのメカニズムを正確に理解している方はまだまだ少ないよう。実は、血のめぐりが悪くなるからこそ、肩こりが起こります。

オフィスでPCに向かっている時間や、スマホを見たり、携帯ゲームをする時間が長くなっている現代人は、肩の位置がどんどん前にずれていってしまいがち。

また、肩甲骨回りの筋肉がとても固い人が多いようです。そこで、1~2時間に1回くらいなど、腕から肩を意識してゆっくり回してみましょう!

他には、お風呂の中で、背中の肩甲骨を近づけるようなストレッチをするのも効果的です。

 

■1位:乾燥・・・31.8%

空気がカラカラな日が多い冬~春。乾燥の激しい冬を乗り切ってきたところで肌のかさつきが最高潮に……。すっかりお疲れ肌になっている人が多いようです。

肌は、まずとにかく“保湿”が大事。「【節電・春冷え対策美容】たった15秒でできる全身の保湿ケア」 などの記事で、しっとりうるおった肌になりましょう!

 

いかがでしたか? アンケート結果から、4人にひとりの女性が、春先に“肌の乾燥や肩こりで悩んでいる”ということがわかりました。

ただでさえ寒くて縮こまってしまう冬に引き続き、意外に冷えやストレスを感じやすい春こそ、体の不調が深刻なとき。

自分に起きやすい症状を知っておき、早めの対策を心がけてくださいね!

 

【参考】

血めぐり研究会 公式サイト

2011年1月実施、1都3県在住20~64歳の女性900名対象