要注意!実は肌荒れを加速させる「NG洗顔」7パターン

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも肌が荒れてヒリヒリしたり、乾燥してカサカサしたり、何かしらの肌トラブルに悩まされやすいという方も多いのでは?

それは、肌表面に残った汗や皮脂、肌に付着した花粉やホコリ、そして紫外線などが外的刺激となり、肌の調子が敏感に傾いている証拠かもしれません。

そこで見直したいのが、スキンケアの基本ステップである“洗顔”。肌についた汗や皮脂、汚れなどしっかり落とし、清潔に保つには欠かせません。しかし、間違った洗顔方法では、肌荒れや乾燥をますます加速させてしまいます。

たとえばこんな“NG洗顔”パターン、あなたもつい実践してしまってはいませんか?

 

■NG洗顔1:髪をまとめずに洗う

「髪をまとめるのが面倒だから」と前髪やサイドの髪がバサッと顔にかかる状態で洗顔すると、生え際までしっかり洗えないばかりか、「髪を濡らさないように」とすすぎもつい適当になりがち。

顔にかかる髪の毛はヘアバンドやクリップなどでまとめておいて。

■NG洗顔2:汚れたままの手で洗う

手のひらに油分や汚れが残っていると、洗顔料や石けんが泡立ちにくくなります。あらかじめ石けんなどで手を洗っておきましょう。

■NG洗顔3:素洗いをせずいきなり泡をのせる

乾いた顔に泡をいきなりのせると肌にとっては負担になります。人肌程度のぬるま湯で2~3回、顔を素洗いすることを忘れずに。

■NG洗顔4:十分に泡立てずに洗う

洗顔のカギを握るのが“泡”。汗や皮脂、ホコリなどの汚れをしっかり包み込んで落とすには、たっぷりの泡が欠かせません。

洗顔料や石けんを手に取ったら、手のひらにくぼみを作って水分と空気を含ませ、ホイップクリームのようにきめ細かく弾力のある泡ができるまで泡立てましょう。泡立てネットを活用するのもおすすめ!

■NG洗顔5:肌をこすって洗う

“摩擦”は肌にとっての天敵。ゴシゴシ洗いは厳禁です! 洗顔料や石けんを十分に泡立てたら泡を顔全体にのせ、肌の上で転がすようにして洗いましょう。指と顔の間に泡のクッションを狭んでいるような感覚で、そっとそっと。

■NG洗顔6:熱いお湯ですすぐ

熱いお湯ですすぐと、肌の乾燥を加速させてしまいます。すすぎには、人肌程度のぬるま湯が最適です。また、すすぎは洗面器にためたお湯などではなく、必ず流水で行って。

髪の生え際や小鼻の周りなどの細部まで、しっかりすすぎましょう。

■NG洗顔7:タオルでゴシゴシ拭く

タオルでゴシゴシ顔を拭くと、摩擦が刺激になってしまいます! きちんとすすいだら、タオルで肌をやさしく押さえ、そっと水気を吸い取るようにしましょう。

 

いかがでしたか? 実はこの“NG洗顔”パターン、ちょうど一年前にご紹介した「この春、絶対押さえておくべき「洗顔」の鉄則7つ」という記事の“To Do”を“Not To Do”に置き換えたもの。

「~しなさい」と言われるより「~するな」と言われる方が、ハッとさせられるものですよね。

「つい、やってしまっていた!」というパターンがひとつでもあった人は、この機会に洗顔方法を見直してみては?