日常生活の中でできる「痩せやすい体質」を作るテク5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事や家事、友人との付き合いやお稽古ごとと、なにかと慌ただしい生活を送っていませんか? ダイエットのためにジムに通おうと思っても長続きしないのは、生活サイクルに合わないためかめしれません。

実はジムやウォーキングの時間が日常生活に馴染むまでには結構時間がかかるものです。

わざわざエクササイズの時間を決めて達成できずにストレスになるよりも、生活の中の“痩せるチャンス”を見逃さず、こまめにダイエットを意識していくほうが効率的に痩せやすい体質に近づきます。

そこで、痩せる体質に近づく日常生活の痩せるチャンスをまとめてみました。

 

■1: 筋肉や関節をストレッチ

太もも、おなか、肩、腰、ふくらはぎの筋肉は動かさないとかたくなりやすいので、よく伸ばして、筋肉を柔らかくしておきましょう。

そうすることで、体があたたまり日常生活から脂肪の燃焼効果が高まります

 

■2:文明の利器を使わない

通勤や買い物の時、エレベーターやエスカレーターを使わないでなるべくエネルギー消費を心がけます。

さらに、家の中では窓掃除、床の拭き掃除など掃除機を使わずに意識的に体を動かします。

 

■3:歩く時は背筋を伸ばして大股で

10分程度のウォーキングでもダイエットになります。運動効果を高めるために歩く時は、背筋を伸ばし、お腹を意識して60cmくらいの歩幅で歩きましょう。

チョコチョコ歩きやぺたぺた歩きは、筋肉への刺激が少ないので注意しましょう。

 

■4: 脳を満足させる“楽しい食事”をとる

個食や同じものを食べ続けるダイエットを続けていると、脳が満腹感を感じにくくなるといいます。

ダイエットメニューを工夫したり、一週間に一度は好きなものを食べたりして、食事を楽しむ余裕が必要です。

 

■5:ダラダラした生活をしない

自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、交感神経が働いている時に多くのエネルギーを消費します。

昼間、ダラダラ生活していると、交感神経の働きが低下して、ちょっと食べただけでも太りやすい体質になってしまいます。

あまり食べていないのに、痩せられない人は、昼間の活動量を増やしてみるとよいでしょう。

 

普段から運動していない人がジムやフィットネスにいくと、どうしても頑張りすぎて筋肉痛になったり、翌日に疲労感を持ちこしやすくなってしまいます。

その結果、運動した日は家でゴロゴロしたりして、せっかくの運動の効果も見られなくなります。

特にダイエットの初期は、日常生活から、キレイになる習慣を意識して、少しずつ運動量を増やしていくのがよいようです。ぜひ試してみてください!

 

【ダイエット特集】

※ 食事制限は週たった2日でOK!? 研究で判明した効率的な減量法

※ カロリーより「糖質」が重要!知られざる簡単ボディキープ術

※ 意識して食べるとパワー倍増!? 美容によい冬の野菜まとめ

※ ダイエット成功のために知るべき空腹をごまかす裏技5つ

※ 日常生活の中でできる「痩せやすい体質」を作るテク5つ