不健康な生活は女の見た目を4歳も老けさせることが判明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「いつまでも若く見られたい」と思うのは女性ならば誰もが持っている願望ですよね。

その鍵を握るのは、私たちの“生活習慣”であるのは言うまでもありません。しかし、イギリスのニュースサイト『Mail Online』では、“不健康な生活習慣の為に老化が加速し、女性の見た目年齢は4歳も老けこんでいる”と発表されていました。

もし本当なら、実年齢プラス4歳はかなり大きいですね! 早速この情報について、詳しく見ていきましょう。

 

■4人にひとりが一日に10分も老化について悩んでる!

25歳以上の女性8,000人を対象に調査を行ったところ、その主な原因は喫煙、飲酒、ジャンクフード、日光浴後のスキンケアの怠りなどと判明しました。

被験者の5人にひとりは基礎的なスキンケアを怠り、5人にふたりは日焼け止めを使わないまま肌を焼き、4人にひとりは週に2~3日もジャンクフードを食べ、一日平均1.2杯/一年間では平均448杯ものアルコールを飲み、一日平均2.5本/一年間では894本のたばこを吸うとのこと。

その結果、実年齢と見た目年齢に平均4.25歳も差が出てしまっているそうです。まさに現代の生活習慣が及ぼす、外見への悪影響と言えますね。

それを証明するかのように、世界のセレブリティの中でも健康的な生活を送っている女優の41歳のジェニファー・アニストンは“アラフォー世代で最も美しいセレブ”に選ばれていますが、逆にパーティー好きで有名な27歳のエイミー・ワインハウスは“実年齢よりも老けて見えるセレブ”No.1に選ばれています。

さらに、この調査によると、「見た目は若くありたい」と思いながらも実際には何の努力もしない人がほとんどなのだそう。

にもかかわらず、見た目が老けていくことを4人にひとりの女性が一日に10分間、一年合計すると二日半も悩んでいることが明らかになりました。

 

■見た目年齢の老化を食い止める方法とは?

それでは、老化を食い止めるにはどうしたらいいのでしょうか? イギリスのドクターラヴィ・ジェイン博士によると、その方法は以下の通り。

(1)たばこを止める

(2)日焼け止めを必ず塗る

(3)水をたくさん飲む

(4)ビタミンCを多く含むフルーツを食べるよう心がける

上記4点で、かなり老化の進行を食い止められるそうです。

 

また、肌の老化を進行させる要因のひとつには、年を重ねるごとに減っていく肌のコラーゲンの生成量の減少が挙げられます。

コラーゲンの生成量は45歳くらいまでに3分の1程度減少してしまい、前に述べた不健康な生活が、さらにコラーゲンの生成量の減少に拍車をかけてしまいます。

その為、海外では様々な理由から、コラーゲン注射を行う人も多くいる様子。

日本は、世界で最も見た目年齢の老化が遅い国のひとつと言われていますが、やはり不健康な生活を続けていたら、老化は早まることは間違いなさそうです。

というわけで是非、気になる方は美レンジャーのアンチエイジング系の記事を参考にして、ずっと若く見られる努力を始めてみてください!

 

【関連記事】

ずっとキレイでいる為に覚えておきたい若返り美容法10個

ぐっすり眠るだけで若返る?「快眠のポイント」3つ

今すぐ始められる白髪・抜け毛の対策法まとめ

若くいるために知るべき「ほうれい線」を薄める方法

 

【参考】

Age really is just a number: Unhealthy lifestyle means the average woman looks four years older – Mail Online