「筋肉質だと細くならない」は大間違い?筋肉の誤解を解明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「昔と体重は変わってないのに、体型が崩れてきた」「若い頃より運動する機会が激変して、筋肉が明らかに落ちた……」

このような経験は、年齢とともにほとんどの人が感じているはず。実はこの現象、放っておくと、とても怖い結果になってしまうのです。

美しい体型をキープする為にも、たるみの原因を知り、この現象を食い止めましょう!

 

■たるみの原因は“筋肉につく脂肪”だった!

脂肪には、よく知られている“内蔵脂肪”と“皮下脂肪”がありますが、実は筋肉にも脂肪はつきます。筋肉への脂肪のつき方は2通り。

まず、筋細胞内脂肪(IMCL)といって、ミトコンドリア内で直接エネルギーとして利用されるもの。次が、筋細胞外脂肪(EMCL)といって、筋線維間に霜降り状に貯蔵されるもの。(霜降り肉はまさにこの状態です)

この筋細胞外脂肪(EMCL)が今回のテーマと関わってくる問題の脂肪です。なんとこの脂肪は、本来筋肉になるはずの“筋衛生細胞”が脂肪に変異したものなのです!

「なんで変異するの!?」と思った方、ちゃんと原因があります。

 

■筋衛生細胞が脂肪に変わる2大原因とは!?

変異するにあたり、原因となるのが“運動不足”と“タンパク質不足”。ただ単に、カロリーの取り過ぎでつく脂肪とは違うのでご注意!

通常、筋衛生細胞は休止状態なのですが、筋肉が激しく使われ、損傷した時に活性化されます。

逆に、筋肉を使わない状態が続くと、他の細胞(脂肪細胞)へ変化してしまうのです。

 

■筋細胞外脂肪(EMCL)が増えることで“たるみ”が起こる!

筋肉は常にバネのように収縮し皮下脂肪や皮膚をつり上げています。ところが、筋細胞外脂肪(EMCL)が筋肉の隙間に増えると筋肉の動きをさまたげ、筋力が弱まります。

そして、皮下脂肪の重みにたえられなくなって、たるむのです。

 

時々、「私は筋肉質だから、筋肉つけたら細くならない」と言う方がいますが、筋肉の中に入り込んだ脂肪が原因で筋肉がより太く見えているかもしれません。

人間の体に存在する脂肪の中でも、内臓や筋肉のように血液がよく循環する部分の脂肪は、皮下脂肪に比べて燃焼しやすいです。

筋肉内の脂肪を減らすひとで、細くなるだけでなく、たるみも解消できますよ!