今話題の「トマトでメタボ対策」実は夜食べると効果絶大

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月10日付の米科学誌『プロス・ワン』で、トマトがメタボ対策に良いと発表されてから数日。瞬く間にスーパーからトマトが消えるという事態に発展するほど、トマトの新効果が話題になっています。

なんと、京都大大学院の河田照雄教授らの研究グループにより発見された、血液中の脂肪増加を抑えるトマト効果。トマトの実とジュースの成分を精密に分析したところ、脂肪の燃焼を最も活性化させる成分として、不飽和脂肪酸のリノール酸に類似した物質を特定したのだそう。

肥満のマウスにこの物質を0.05%含ませたエサを与えたことろ、4週間で血液と肝臓の中性脂肪が約30%減少したというのです! さらに、脂肪燃焼だけでなく、たんぱく質の増加・エネルギー代謝の向上・血糖値の低下も見られたとしてトマトの新成分効果に期待が集まっています。

発表によれば、“人間の場合、毎食コップ1杯(約200ミリリットル)のトマトジュースを飲むことで同様の効果が得られる”とのこと。

「トマトを使って超手軽に脂肪を燃焼して痩せる方法3つ」では苦手な人でもOKなお手軽トマトジュースの作り方をご紹介しましたが、さすがに「毎食飲むのは無理!」という方も多いのではないでしょうか。

そこで、現実的に続けられそうなのが、“夜にトマトを食べる”方法! しかも、夜食べることで女性に嬉しい効果もたくさんあるのです。

 

■夜トマトの取り入れ方

『朝バナナダイエット』に続き、かつて一世風靡した『夜トマトダイエット』。これは夕食にトマトを取り入れるだけというとっても簡単な方法。

しかも、トマトの有用成分は加熱しても成分が壊れることはないので、生だけでなく、煮込んでもOK。ちなみに、トマトには旨み成分グルタミン酸が含まれているので、どんな料理にも合いやすいのが嬉しいところ!

さらにトマトそのものではなく、トマトピューレやトマトケチャップでも代用可能。トマトシチューやトマトソースのパスタ、オムライスなど、レパートリーも広がります!

 

■夜トマトがなぜ良いか?

トマトには、新成分の他にさまざまな美容・健康成分があることで知られています。たとえば、リコピン、ビタミンC、ビタミンB6、カリウム、ペクチンなどが挙げられます。その効果といえば、こんな具合。

・リコピンの抗酸化作用で、アンチエイジング効果!

・ビタミンCによる美肌効果&コラーゲン生成促進効果で、翌朝つやつや肌!

・ビタミンB6の代謝アップ効果で、寝ている間に脂肪燃焼!

・カリウムによるデトックス効果で、翌朝のむくみ改善!

・ペクチンの食物繊維効果により、翌朝すっきり便秘解消!

 

「キレイは寝ている時につくられる」と言われるほど、睡眠中は細胞が活発に働き、ダイエット効果や美肌効果も倍増します。

メタボ対策はもちろん、美容健康効果も期待できるなんて、活用しない手はありませんね! ただし、一日二日続けてもあまり意味がありません。

サプリメントにも同様のことが言われていますが、本当の体質改善を期待するなら、3ヶ月以上続けることが鉄則です!

前述したように、夜トマトはトマトそのものでなくてもOK。

なので、何にでもトマトケチャップやトマトソースをかけてみるなど、何かに付けてトマトを摂れるよう、ちょっとだけ意識してみてはいかがでしょうか?

 

【トマトの食べ方】

えっ、ホント?いつものトマトが高級食材に変身!?

違いに驚愕!普通のトマトが甘~くおいしくなる方法

老化を防ぐ効果がある「トマト」の上手で正確な食べ方

トマトを使って超手軽に脂肪を燃焼して痩せる方法3つ