ダイエット成功のために知っておきたい7つの知恵【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無理なダイエットでさっと体重を落とすこと。これはいかにも魅力的ですが、長い目で見ると却って困ることにもなりかねません。

ダイエット成功の秘訣は、昔から言われている通りに「少しずつ食習慣を変化させて、運動をすること」だと専門家も言いますが、これって別に“めんどくさくて疲れるダイエットをしなきゃいけない”ということではないのです。

王道のダイエットに、ちょっとした新しい工夫を加えてみましょう。驚くほど楽に取り組めるはず!

アメリカの健康ニュースサイト『My Health News Daily』から、ちょっと意外な“ダイエット成功の知恵”7個をご紹介いたします。

前編の今回は、1:数字入りの成分はダイエットの敵!、2:サラダだけの食事は最悪と心得るべし、3:睡眠不足は肥満のもとの3つをお送りいたします。

 

■1:数字入りの成分はダイエットの敵!

外袋の裏側に、成分とカロリーなどの表記がありますが、それをよく見るようにしてください。“数字入りの成分”はダイエットの敵です。

数字入りの成分は、インスタント食品や加工食品に多く見られます。こういった食品は、脂肪と保存料だらけだと、ロサンゼルスの肥満外科医カーソン・リュー医師は言います。

「加工食品を食べながら、体重を落とすのは大変難しいことです。というのも加工食品には炭水化物や糖が多く、表記されていない成分も含まれているからです」

英語では“数字入りの材料”ということになりますが、日本語では“添加物や合成の材料”ということになります。加工食品を買う時は、裏返して材料や成分をチェックして、なるべく添加物や、合成の材料が少ないものを選んでくださいね!

 

■2:サラダだけの食事は最悪と心得るべし

「“ランチはサラダだけ”というのは、体重コントロールにはおそらく最悪の食事です」と米国栄養士会のスポークスマンのマヌエル・ヴィラコルタ氏は警告して、下記のようにつけ加えています。

「サラダを食べるのはかまいません。でもサンドウィッチか豆のスープを添えましょう」

野菜だけのサラダは確かにカロリーが低いのですが、炭水化物がないため、脳に食事するよう命じる、空腹ホルモンのグレリンを鎮めることができないのです。

ヴィラコルタ氏は、炭水化物を含む果物、穀物、パスタを食べることを推奨しています。

「適切なものを充分に食べないと、グレリンの値は下がりません。満足できず、後でもっと食べてしまうことになります」とのことです。

確かに食事を控えすぎると、後でチョコレートを箱食いしてしまうなんてこと、ありますよね。ちゃんとした食事をして、ちゃんとホルモンに鎮まってもらいましょう。

 

■3:睡眠不足は肥満のもと

夜の睡眠時間が5時間を切る人の、約73%が肥満する可能性があるとのこと。ところが睡眠時間が5時間~6時間の人の場合、肥満の可能性は27%にまで急落すると、ヴィラコルタ氏は指摘しています。

「睡眠は大きいです。というのも、睡眠時間が短いと、グレリンが高まるからです。もし睡眠時間を削ってジムに通っているのであれば、むしろジムを減らして眠ることをおすすめします。7時間は眠りましょう」とヴィラコルタ氏は勧めています。

 

いかがでしたか?

睡眠時間が短いと食欲が増進してしまうということ、確かに経験したことがありますね。日常的に睡眠時間が短い方はぜひ“睡眠ダイエット”を試みて、美しい肌も手に入れてくださいね。

次回の後編では、4:朝食前に有酸素運動、5:やりすぎはダメ、6:非運動性熱産生(NEAT)、7:メリハリをつけるべし、の4つをお送りいたします。

 

【関連記事】

まさか信じてないよね?ダイエットに関する都市伝説5つ

まだ信じてる?ダイエットにまつわる真っ赤な「嘘」7つ【前編】

まだ信じてる?ダイエットにまつわる真っ赤な「嘘」7つ【後編】

 

【参考】

Lose Weight Smartly: 7 Little-Known Tricks that Shave Pounds – MyHealthNewsDaily.com