衝撃! 小顔手術でアイドルが死亡…リスクなく小顔になる方法は?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『中国の人気アイドルが、美容整形手術のミスで死亡・・・』

先日一斉に報じられた、世界中の女性を震撼させた衝撃のニュース。

中国の人気アイドル・王貝さんが、小顔の美容整形手術中、あごの骨を削っているときに付近の血管が切れ、気管支に血液が詰まり窒息死した…とのこと。しかも執刀医は美容整形手術を行える資格を持っていなかったそうです。中国でも近年、美容整形手術がメジャーになり、年間300万人もの人が美容整形を行っているのだとか。しかし、一方でミスも後を断たないようです。

小顔といえば、最近では小顔整体やボトックスなどが主流。ボトックスに関してはシワ取り効果もあることや注射1本で数か月というお手軽感も手伝って、「海外セレブがほとんどやってる!」なんてウワサも。しかしボトックスに期待できる小顔効果は、頬の筋肉を緩めてエラの張りを抑える方法なので、あごを短く…など、骨自体に働きかけるのは不可能です。小顔整体の方は骨格を整えるので、どちらかというと全体の印象を変えるなら小顔整体の方が有効かも?

 

小顔と言えば、最近注目されているのが韓国発祥の骨筋(コルグン)という方法。

骨と筋肉に同時に働きかける骨気(コルギ)に加えて、さらにリンパ、神経、経絡にも働きかけるという、なんとも健康的な美容療法です。

 

特に銀座の『We beauty/ウィビューティー』というコルグンサロンは、高い効果と持続性で大人気。小顔だけでなく、リフトアップ、疲労回復や代謝改善、サイズダウンなどなど・・・全身が芯から美しく健康的に整っていく変化を実感できるとのこと。 もちろん施術は韓国人スタッフによるオールハンドで行われます。

「かなり痛い!」という人もいれば、「イタきもちいい!」という人もいて、感想はいろいろですが、この刺激が癖になってリピートする人が続出なんだとか。確かに、歪んでいた骨格が正常な位置に戻るのが自覚できるし、その後は体調も良くなった気がします!

小顔効果も、画像の通り一目瞭然!

美容整形でメスを入れる前に、ハンドテクニックに身を任せてみるのが得策かもしれませんね。