これなら今すぐできる!実年齢より若く見せる速攻テク6つ【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

去年から“年下婚”がブーム。小雪さんは8歳年下の松山ケンイチさんと、ほしのあきさんも13歳年下ジョッキーとゴールインしましたね。

もしかしたら近頃は、年上の女性にハマる男性も増えているのかもしれません。そう考えてみると確かに、最近のアラサー女性の外見はとても若々しいですよね。

「私だって年下もイケるわ」と声に出さないまでも、内心思っているアラサー女性は多いのではないでしょうか?

しかし、年下の男性から見ると、決してそうではない場合もあるようです……。彼らがふとした瞬間に、おばさん臭を嗅ぎつけないよう、外見だけでなく行動にも気をつけないといけません!

例えば、「バーやクラブなどの薄暗い空間だと若く見えてたのに、その女性が携帯を見て顔にライトが当たった瞬間、一気に小じわとかが浮き出て見えて“あれ!? おばさんだった!”ってなる」などの声も耳にします。

ふとした時におばさんと思われてしまうなんて、一瞬でも気が抜けません。というわけで今回は、こうならないよう、“実年齢より若く見える即効テクニック”を6つご紹介します。

 

■1:暗い場所でも美しく見える“王道シャドウ”を使うべし!

暗闇効果で年齢を隠している時こそ、顔に当たる明かりには気を配らなければなりません。特に携帯のライトの青白い光には老けて見える効果があります。こんな時にオススメなのが“ブラウンのシャドウ”!

実は、茶色は光によって浮いてしまうことが少ないのです。明るい所ではパステルカラーで顔色が良く見えていた人も、暗い場所へ移動したとたん顔色が悪く老けて見えてしまわないよう、夜までデートの時はブラウンのシャドウがオススメです。

 

■2:“毛穴のたるみ”は2丁目ママ的に保冷剤で対策!

アラサーのお肌の悩みの3大要因に、毛穴の広がりがあります。約30年重力の影響を受け、下に下に、広がってきてしまっている毛穴。

とくに、お酒を飲むと体内から乾燥してきて、肌も乾燥し、毛穴が目立ってきます。毛穴が広がっていると、どうしても老けてみられてしまいます……。

そんな時、ある飲み会で2丁目のママがこっそりやっていた裏技がありました! それは、ハンカチの中にそっと保冷剤を隠しておくこと。

「ちょっと酔っちゃった」と言わんばかりに頬にハンカチをあてましょう。一時的な処置ではありますが、即効性はあります。毛穴が開くと、お化粧も崩れてきます。色々なトラブルケアのためにも、保冷剤は必須アイテムです。

 

いかがでしたか? これなら高いお金を使わず、速攻でできちゃいますよね。後編では、年下男子との接近戦に備えて口元&目元のシワについて、緊急お助け裏技を紹介しちゃいます!

 

【若く見せるテク】

【美メイクテク】実年齢より若く見せるメイクテクニック!(前編)

【美メイクテク】実年齢より若く見せるメイクテクニック!(後編)

知りたい!実年齢より「若く見られる」人の秘密って?【前編】

知りたい!実年齢より「若く見られる」人の秘密って?【後編】