必見!熊田曜子も愛飲する最強アンチエイジング茶の秘密【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コーヒーや紅茶を知らない人はおそらくいないと思いますが、“マテ茶”を知らないという方は結構いるのでは?

南米の食生活は肉料理が中心。そして主食はパンやイモ類、とうもろこしなど。とくに牛肉の消費量が多く、日本人の約4~6倍となっています。

しかし、野菜類はあまり食べないのに、南米諸国の肥満率や生活習慣病の発生率は、同じように牛肉の消費量が多いアメリカに比べて、それほど高くありません。

そんな“元祖”肉食な南米の人々の健康のヒミツが、現地で“飲むサラダ”と呼ばれている、マテ茶であることが最近の研究でわかりました。セミナーに足を運んできましたのでお伝えいたします!

 

■マテ茶ってどんなお茶?

マテ茶とは、モチノキ科の常緑樹であるマテの葉や枝を乾燥し、粉砕して精製したもの。(紅茶や中国茶、日本茶はツバキ科の常緑樹である茶の葉から作られます)

マテの木は、イグアスの滝周辺の火山溶岩流が風化してできた赤土(テラロッサ)といわれる、鉄分やカルシウムを豊富に含んだ土壌でしか育ちません。

そのため、マテ茶の生産国はアルゼンチン、ブラジル、パラグアイの3ヶ国に限られています。(現在の年間生産量は、ブラジル約44万トン、アルゼンチン約30万トン、パラグアイ約8万トン)

もともと、パラグアイのグァラニ族が活力を与える不思議な木として、マテ茶の飲用を始めたことが起源とされ、17世紀にイエズス会の修道士たちによって薬として飲用されるようになり、一般の飲み物として広く普及するように。

北中米でのコーヒー、欧州での紅茶と同じように、マテ茶は南米の代表的な国であるブラジル、アルゼンチン、パラグアイ、ウルグアイを中心に、広く一般的な家庭飲料になっています。

最近では、その香りや味わいなど飲料としての魅力に加えて、健康や美容への効果効能への期待から、アメリカでもよく飲用されるようになり、コーヒーと紅茶(中国茶や日本茶含む)に並んで、世界三大飲料のひとつと称されています。

 

そして、マテ茶はその飲み方にも特徴があるんですよ!

私も伝統的な飲み方で実際に飲んでみたのですが、グァンボ(マテ茶専用の容器、マテ壺)に、マテ茶を6分目ほどいれて軽く混ぜて湯冷ましの水を2分目ほどいれてから、ボンビージャというマテ茶専用の金属製のストロー(先端がやや平たく、小さな穴がいくつも開いている)を差し込み、沸騰してから少しおいたお湯を泡がでてくるまで注ぎ込んで、ちびちびと飲みます。

南米ではこうやって何人かでまわし飲みをすることが、友情のしるしとされているのだとか! さすが熱いですね(笑)

このように、コーヒーなどと同様、世界三大飲料でありながら、日本ではまだまだマイナーなマテ茶。次回は、マテ茶の驚くべき健康効果についてお伝えします!

 

【アンチエイジング情報】

ずっとキレイでいる為に覚えておきたい若返り美容法10個

若くいるために知るべき「ほうれい線」を薄める方法

日常生活でできる!老化をコントロールする8つの方法【前編】

日常生活でできる!老化をコントロールする8つの方法【後編】

 

【参考】

※ 日本マテ茶協会 – 南米生まれの神秘の飲み物マテ茶をニッポン人に!