驚愕!佐々木希や加藤夏希など「秋田に美人が多い」理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、秋田市のイメージアップを図る観光PRポスターが話題となっています。市内で撮影した秋田美人7人が掲載されており、そこに7文字のメッセージが書かれています。

これをクイズとして出題したところ、二週間ほどで約3,500件の応募が寄せられる好評ぶりだそうです! また、「ポスターが欲しい」との声も多数あるのだとか。

そもそも秋田は美人が多いイメージがありますよね。秋田美人と言えば、佐々木希さん、加藤夏希さんが有名です。

実は小野小町や、「実は美人だと思う女性お笑いタレントランキング」で1位を獲得した鳥居みゆきさんなども秋田出身。

確かに、美人だらけです。では、なぜ秋田に美人が多いのか? その理由の大きな要因のひとつに、“美肌”が考えられます。

「寒いと乾燥しそう」と思うかもしれませんが、“意外と知らない美肌効果”が秋田には隠されているようです。今回はその秘密を5つご紹介します。

 

■1:日照時間 が日本一短く、紫外線照射量が少ないので、肌年齢が若いから

紫外線を浴びることによって、皮膚にダメージが与えられます。これを“光老化”と言います。

お肌の老化の80%は光老化とも言われていますので、浴びなければ浴びないほど、お肌は老化しにくくなって、若々しいお肌が保てます。

 

■2:白人並みに色白という事が、科学的に立証されているから

湯沢市のサイトによると、杉本元祐博士の研究で以下のような結果が出たそうです。

数千人に及ぶ女子高校生を詳細に調査した結果、皮膚色調の白色度が、日本人平均22%・西欧白色人種40.5%であるのに対し、秋田県全般29.62%・秋田県県南地方30.5%

(中略)

「個人別に見ると、白人と何等変わりない白い肌の人」と表現する女性が少なくない

“色白は七難隠す”という諺にもあるように、白いと欠点をカバーしてくれてキレイに見えるので、美人が多いようです。

 

■3:寒い気候により、お肌に栄養が行き渡りやすいから

肌には温度に合わせて血管を拡張・伸縮させ、一定の皮膚温度を保つ役割があります。

寒い地方では、温度差の激しい室内外の出入りを繰り返すことにより、毛細血管の収縮力が下がり、皮膚の温度を下げないよう毛細血管は拡張したままとなります。

お肌は血液からも栄養を受け取っていますので、血行が良ければお肌の状態も良くなります。

 

■4:冬の間湿気が高いから

この状態は、肌の艶やかさにとって非常に良いことが立証されています。湿度を東京と比較すると、湯沢の約75%に対して東京では約60%と大きい開きがあります。

 

■5:自家製の味噌や漬物などをよく食べるので、麹をよく摂っているから

麹には脂質と蛋白質からなる“複合蛋白質”が多く含まれていて、肌を滑らかにする効果があります。

また、秋田県人以外はほとんど食べない“ギバサ”(海草類)に含まれるエキスには、美肌効果があります。秋田では体の中からキレイになれる食材が摂れるようです。

 

こうして見てみると、美肌にとってかかせない条件が自然と揃っているようですね。お肌がキレイだと美人度はアップします。美肌のために秋田に遊びに行く、なんてプラン旅行もアリかもしれませんよ。

 

【美人に関するデータ】

美人ゆえにNG…アレが汚い女性は75%の男性が幻滅!?

ため息出そう…「美人足」芸能人トップはアノ美人女優!

なんと99%の男は「薄化粧」派!すっぴん美人1位も判明

実は交際3ヶ月未満の頃が一番美人な時期!?【恋とキレイの方程式】

 

【参考】

各都道府県(県庁所在地)の日照時間 – 気象庁年表

湯沢市の物産と観光 – 湯沢市物産観光情報