これは盲点…知られざる「若々しい美肌」を保つ簡単テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、「女性ホルモンの美容効果を最大限に有効活用する方法」で、女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンという2種類のホルモンバランスで成り立っているお話をしました。

美肌になるには、美しさや若さのホルモンとも言われる、卵巣から分泌される“卵胞ホルモン”が多く出ている時期を有効に利用することが重要です。

何故なら卵胞ホルモンには体を活性させる効果があるので、肌の水分量を増やしたり、コラーゲンを安定させたり、女性らしいしなやかなボディラインを作ったりしてくれるからです。

このホルモンは、骨盤の血行をよくするだけで、うまく活性化することができます。“骨盤の血流が停滞してしまうと卵巣機能が低下する”といわれているので、活性化はとても大切なのです。

それでは、以下から卵胞ホルモン活性化のためのテクニックをご紹介します。

 

■卵胞ホルモンを活性化するテクニックとは?

実は、卵巣を元気にするツボが体にあるので、是非そこを刺激してあげてください。入浴中など、体が温まっている状態で行うとさらに良いです。

刺激すべきツボは次のふたつになります。

(1)帰来・・・腹部にふたつあり、おへそから指4本分下(7~8cm)、そこを起点として指2本分(4cmくらい)の左右の位置にあります。

(2)三陰交・・・脚の内側にあり、くるぶしの一番出っ張った部分から指4本分くらいの上にあります。

 

また、骨盤周りの筋肉がガチガチに固まってしまうと、その周りの血流が停滞してしまうので卵巣にまでうまく血液が運ばれません。

ツボ押しと一緒に、骨盤を開閉するエクササイズを行って、骨盤周りの筋肉を動かし血行をよくしていきましょう!

まず腰に手をあてて立ち、ゆっくりぐるっと大きく腰を回していきます。この時、体の中心に棒があるイメージで、その棒を中心に回るように動かしましょう。

これを10秒で1周行う感覚で、丁寧に行ってみてください。特に、座り仕事の多い女性や、冷え性の方は率先して取り入れて、血行をよくしてくださいね!

 

【関連記事】

知らないと損する「押すだけで簡単に痩せる」ツボ2つ

押すだけ簡単!つらい「冷え」にサヨナラできるツボ2つ

知らないと損する「押すだけで充血が消える」ツボ2つ

 

【画像】

写真提供:ペイレスイメージズ

 

【あわせて読みたい】

美白力がとにかくスゴイ!美容のプロ1万人が認めた美容液とは