簡単すぎ?超手軽なリンパマッサージ効果の高め方6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

むくみとりやダイエットのために、お風呂や寝る前にリンパマッサージを毎日の習慣に取り入れている人も多いかと思います。ちょっとのセルフケアが健康でいるためには欠かせないですよね。

でもマッサージをして「すっきりしたな」と思う日と、「そんなに効果なかったな」と感じる時はありませんか?同じ時間を費やすのであれば、十分効果的に行なっていきたいものです。

そこでマッサージをさらに効果的にするためにセルフマッサージをする際の注意点を下記にまとめてみました。スパやエステに行ったときにも施術の効果を格段にあげるのにも役立つポイントです。

 

■1:リラックスして体が温まっている時がチャンス

体が温まっている時にマッサージを行なうのが効果的。特にバスタイムはオススメです。また気持ちがリラックスしていることも大切なので、マッサージ前にアロマを焚いたりして気分を和らげるようにしましょう。

■2:スキンケア効果の高いオイルを選んで

自分にあったオイルやジェルなど使用するとスキンケア効果もありますし、マッサージ効果も高まります。

■3:食後や飲み会の後は避けて

食後は消化が悪くなってしまうので、マッサージは食後2時間経ってから行なうのがベストです。同様に飲酒後や発熱している時、体調が悪い時も避けたほうがよいでしょう。

■4:水分を十分に補給する

体の流れがよくなるのでマッサージ中やマッサージ後は水分を十分に補給するようにします。水分をとることで老廃物が排出されやすくなります。

■5:脚や手の末端部分からスタート

マッサージの基本は心臓から離れた脚や手足から始め、溜まった老廃物をそれぞれのリンパ節に集めるようにして流していきます。

■6:“さする”マッサージでリンパを流す

力いっぱいマッサージすると効果が出ないばかりでなく、肌への負担にもなります。リンパマッサージは気持ち良い程度の力加減もポイント。

リンパを“流す”マッサージテクニックでは肌と手に隙間ができないようにさすって流していきます。

 

セルフマッサージは今の体の状況を知るのにも有効ですよね。体の流れが滞ると生理不順や肥満にもつながるといわれています。効果的なタイミングで継続して行なうのがポイントですね。

 

【関連記事】

※ 今年こそ痩せたい!「正月太り」も解消できると早くも話題沸騰の美容ティー

※ 科学で実証された「脂肪が付きにくい体になる」料理とは

※ これは盲点…知られざる「痩せやすい体」を作る簡単テク

※ 人気料理研究家がすすめる「25kg痩せた」食べ物とは?