要注意!実はバタンキューすると疲労回復の逆効果になる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスの多かったハードな一日や嫌な体験をした日、精神的にぐったりした日は、リフレッシュするつもりですぐに布団にもぐる方も多いはず。

でも実はこの行動、どうやら逆効果になってしまうことが、マサチューセッツ大学の研究で明らかになってきました。

 

なんと、参っている時にすぐ眠りにつくと、痛ましい記憶や体験がそのまま保持され、フラッシュバッグするというのです。

神経科学者いわく、私たちの先祖は生命に関わるような体験やストレスフルな事象の記憶を鮮明に保つことにより、将来起こりうる可能性を避けることができるのだとか。

そうやってずっと生き延びてきたため、このメカニズムは“理にかなったもの”であるとのこと。

この実験は、男女106人を対象に行われました。まず、暴力や戦争、車の事故といったネガティブな写真とニュートラルな普通の写真を見せました。

12時間後、睡眠を取った被験者と睡眠を取らなった被験者の両者に数枚の新しい写真とともに、先ほど見せた写真を再び見せ、反応を調べました。

結果、衝撃的な出来事(ネガティブな写真を見た)の後に睡眠を取った被験者たちは、睡眠を取らなかった被験者と比較して、記憶のフラッシュバックや心的混乱が大きかったそうです。

ちなみに私たちは、睡眠を取ることで記憶の保持と共に感情までも維持するのだとか。実際、私たちがトラウマになる体験をした後は不眠になるようで、これは健康的な生物学的反応であるとのこと。

 

昔から“睡眠学習”なんていう言葉もありますが、一日の締めくくりである睡眠前はやはり心穏やかに眠りにつきたいものですね。

ハードな一日をお過ごしの皆さんは、出来る限りそのまま布団に滑り込むのではなく、お風呂にゆっくり浸かったり、読書や静かな音楽を楽しんだり、ストレッチなどをして、身体も心もほぐしてからお休みくださいね。

 

【参考】

※ Dont sleep on it, youll just feel worse! Shut-eye can preserve painful memories – Mail Online