知らなきゃ損!シミの原因を取り除く驚きの美容成分

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ポツンと目立つシミは、美肌の大敵! でも「年齢を重ねるたびにどんどん増えていく……」と鏡を見てため息をついている人も多いはず。そもそも、にっくきシミはどうしてできるのでしょう?

シミの原因としてまず思い浮かぶのが“日焼け”ですよね。肌に紫外線が当たると、肌をサビつかせる活性酸素が大量に発生。シミやそばかすといった肌トラブルの原因になります。以前は「夏だけのもの」と思われていた日焼け止めも、今では一年中使っているという人が多いのでは。

しかし実際は、日焼け止めだけでは紫外線を完全には防ぎ切れない場合もあります。さらに、シミの原因となる活性酸素は、紫外線だけでなく、マラソンなどの激しい運動や大気汚染、タバコの煙、ストレスなどさまざまな要因によって発生することもわかっています。

そこで必要になってくるのが、活性酸素を除去する“抗酸化成分”です。最も有名な抗酸化成分としては“ビタミンC”が挙げられますが、実はそんなビタミンCの172倍の抗酸化力を持つ美容成分があることをご存知でしょうか?

 

その成分とは今、美容業界で注目を集めている“フラーレン”。フラーレンは、シミを作り出す活性酸素を除去することによって、シミを予防します。実際に人間の細胞に紫外線を照射した実験でも、フラーレンが添加された細胞はシミの原因となるメラニン顆粒の生成を抑えることが確認されているのです。

臨床試験では、6週間の使用によって肌全体の明るさがアップしたという人が94%に上ったというデータも! 別の臨床試験では、18人の女性がフラーレン入りジェルを使用したところ、4週間で肌が明るくなったという結果も得られています。

下記の画像が美白臨床試験結果になります。

 

また、いまやシミは「レーザー治療で取る」という人も増えているのでは? レーザー治療でシミを取るのは即効性がありますが、レーザー照射直後は赤みが出て、肌が敏感になっている状態。

そんな時でもフラーレンが配合された化粧品を使用すると炎症を抑えることができ、赤みが早く引いてきます。さらに、これからできてしまうかもしれない可能性のあるシミを予防。こうした効果の高さから、1,000カ所以上の医療機関でもフラーレンが配合された化粧品が扱われているのです。

活性酸素はシミだけでなく、シワやくすみ、肌荒れ、毛穴の目立ちなど、さまざまな肌トラブルを引き起こす原因といわれています。冬は肌が乾燥しやすい時期です。外的刺激から肌を守る角層が乱れ、バリア機能が衰えている可能性があります。角層が乱れることにより、さらなる乾燥や肌荒れ、毛穴の目立ちなどが引き起こされるのですが、これもまた活性酸素が原因になっているのです。フラーレン配合の化粧品で角層の状態を正常に保ち、肌力をアップさせましょう!

そこで、フラーレン配合の化粧品を選ぶ時の重要なポイントをお伝えします。実は、効果を期待するにはある程度の濃度が必要になるのですが、製品をパッと見ただけではなかなか分からないもの。

 

そこで覚えておきたいのが、フラーレンの原料メーカーが出している“RS”“LF”マーク。

一定基準を満たしているフラーレン商品のみに与えられ、「このマークが付いている製品には、十分な濃度のフラーレンが配合されている」という証なので、購入の際にはぜひチェックしてくださいね!

 

【参考】

フラーレン化粧品紹介サイト

フラーレンコスメ愛好会 Facebookページ