「カロリーゼロ表記商品」本当はゼロカロリーではない?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、飲料も食品でも目立つのは“糖類ゼロ”、“ゼロカロリー”と、カロリーについての標記。どうせ選ぶなら、低カロリーはものが良いのは当然ですよね。

しかし、巷では「ゼロカロリー商品のはずが太った」などという話が。

そもそも甘さのある商品がゼロカロリーなんて、本当にあり得るのか……。そんなカロリー表記に関する疑問は多くの人が抱いているのではないでしょうか?

『ココミル』の記事を参考に、そんなモヤモヤした疑問にズバリ答えちゃいます!

 

ゼロではなくても“ゼロ”と表記できちゃう! 表記ルールの真実

“糖類ゼロ”、“糖質オフ”、“ノンカロリー”などなど。カロリーがゼロであるということ、もしくは低カロリーであるということを示す表記は、何通りもあって混乱しますよね。

実は、複数あるこの表記の使い分けには理由があるのです。栄養表示基準によると、なんと100g当たりで糖類0.5g未満であれば“糖質ゼロ”と表記が可能。

ちなみに、糖類5g未満の食べ物や糖質2.5g未満の飲料であれば、ゼロとは表記はできないものの“糖質オフ”という表記はOK!

そして、“カロリーゼロ”の表記も同じ。100g当たり5kcal未満であれば表記できます。完璧なゼロではなくても、ゼロと表記できちゃうんです。

ノンカロリーと書いているにも関わらず、裏の成分表には“500mlあたり○○カロリー”なんて表記されている商品もあるなんて、ちょっと不思議ですよね。しかし、完璧にゼロではなくても、これらの表記商品が低カロリーなことには間違いがないようです。

 

まだまだある、表記の謎! 甘味料を使っていてもノンシュガー?

“ノンシュガー”と書いてあるのにめちゃくちゃ甘い商品もありませんか? 100g当たりで糖類0.5g未満であれば“ノンシュガー”と表記できますが、注意すべきなのは“シュガー”定義。

ここでいう“糖類”は、単糖類(ぶどう糖、果糖など)と、二糖類(砂糖、乳糖など)を示しており、その他甘味料を使っていても、糖類にはあたらず“ノンシュガー”といえるのです。

その甘味料にカロリーがある場合もあるので、ノンシュガー=カロリーが絶対少ないとは言い切れないのです。

 

「ゼロカロリーだから食べ過ぎてもOK!」と思っていた方は要注意です! 油断して食べ過ぎちゃうといくらカロリーが少なめとはいえ危険。やっぱり大事なのは、表記に左右されず適量を心がけることなのかもしれませんね。

 

【参考】

※ ココミル「知っておきたいゼロカロリーの謎」