2012年はコレが流行る?コスメ&サプリの成分大予想!【コスメ編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年、目まぐるしいスピードで移り変わっていく美容業界の流行り廃り。果たして2012年は、どんなコスメやサプリメントが流行るのでしょうか?

漢方成分を用いたサプリメントが多く出回ったり、美容医療で使用される成分が化粧品やサプリメントにも活用されるなど、次々と目新しい美容法が登場しています。そんな昨年から続くブームも視野に入れ、2012年に流行するコスメ&サプリ成分を予想してみました!

 

■2012年流行りそうなコスメの成分3つ

・発酵系

韓国でも一昨年からジワジワと人気が出て、昨年ブレイクを果たした発酵系コスメ。その主な成分は酵素など聞き慣れたもので、今に始まったわけではない感が否めないのですが、韓国でメジャーな家電ブランドLGが手掛ける化粧品『スム37°』はじめ、発酵コスメが大ヒット中。

韓国ではキムチ、日本では納豆、ヨーロッパではチーズなど発酵系は身近な食べ物としても親しまれているため、国を問わず受け入れられやすいものと言えます。

日本でも、日本酒や米ぬかなどを使用した発酵系コスメがありますが、今年はさらなるヒットが予想されます! ちなみに、効果としては肌自体の活性化による美白・保湿効果など。エイジングケア成分としても期待されています。

 

・新成分系

近年、新成分として多く発売されているEGF(Epidermal Growth Factor)。これは、人間が本来持っている皮膚再生因子で、体内のアミノ酸から形成されるタンパク質の一種です。

この成分を発見したスタンレー・コーエン(Stanley Cohen)博士は1986年にノーベル賞を受賞していますが、2005年にようやく化粧品の成分として厚生労働省より認可が降りたこと、以前は1グラムあたり8,000万円というかなり効果な成分だったため、一般向けの化粧品に使用されるまでに時間がかかりました。

このように、化粧品成分の研究や技術が進み、新たな成分が続々と登場しています。特に、日本の大手化粧品メーカーが新たな美白成分やエイジング成分の開発に力を入れる中、今年も、新しく化粧品成分として認可が降りる成分の登場が期待されます!

 

・微生物系

ミドリムシ(別名:ユーグレナ)は、韓国ではすでに化粧品に使用され、ひとつのブームとなりました。美肌作りに重要なコラーゲンの合成の促進効果や細胞再生効果などが期待されています。日本でも、昨年はミドリムシ配合のメニューを発売するカフェやラーメン店が登場し、話題を呼びましたよね!

実はミドリムシは美容効果だけでなく、ダイエットなどにも効果が期待されており、今年はますます多数の商品に使用されることが予想されています。

ちなみに、ミドリムシを美容や健康成分として最初に位置づけたのは韓国だと思いがちですが、1660年代のオランダでの発祥後、1990年代には医薬品などに使用される研究などが世界的に進み、食品用ミドリムシの培養に成功したのは、東大発のベンチャーである株式会社ユーグレナという会社が世界で初めてなのだとか。

日本でもミドリムシを始め、微生物コスメブームが起きるかもしれません!

 

もちろん、コスメ選びで大切なのは流行ではなく、自分の肌に合うか否か。でも、やっぱり新しい成分や、ブームとなりたくさんの人に支持されている成分は気になるもの! 自分の肌に革命を起こすような、新たな出会いがあることに期待したいものです。

次回は2012年に流行りそうなサプリメント成分についてご紹介します!

 

【参考】

※ 株式会社ユーグレナ