カロリーより「糖質」が重要!知られざる簡単ボディキープ術

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美容のための食事というと、精製された所謂“白い食べ物”ではなく、未精製の“黒い食べ物”を食べるというのはよく知られるようになってきました。

白い食べ物とは白米やお餅・食パンなどで、糖質が多いので食べ過ぎると太りやすくなるといわれています。

食べ過ぎて「ちょっと太ったな」という時はたいてい、この糖質を取りすぎている時なんです。

 

■カロリーよりも糖質を減らす

ダイエットというとカロリーを意識しがちですが、ご存じのように同じカロリーの食事でも脂肪になりやすいものと脂肪をつきにくくするものがあり、一概にカロリー制限すればよいというわけではありません。

現代の食生活では、カロリーよりも、むしろこの白い食べ物に含まれるような“糖質”をカットすることがポイントです。

糖質の多い食べ物は、白米、お餅、菓子パン、白砂糖といった、精製・加工された食品で、ジュース類も要注意。糖質はエネルギー源として必要なものですが、多く取りすぎると、脂肪として蓄えられてしまいます。

そして糖質過多な食事では、血糖値の上昇が急で、その後急下降するので、また甘い物が欲しくなったり、お腹がすいて間食しやすくなったりします。

 

■おかずの品数や食べ合わせで糖質カット

糖質はタンパク質や野菜と一緒に取ったほうが血糖値は上がりにくくなるので、おかずなどの品数も増やしていきたいところです。

さらに白い食べ物を玄米や全粒粉の黒い食べ物に切り替えると、食後の血糖値の上昇を抑えられ、太りにくくなるといわれています。未精製の食材は食物繊維などを多く含み糖の吸収を穏やかにするためです。

糖質の消化や吸収を穏やかにする食品としては、オリーブオイルやナッツ、キノコやゴボウなどがあげられます。

 

忙しい時は太りやすいといいますが、それは“朝はパン、お昼はパスタ、夜はお弁当”といった炭水化物中心の食事が多くなってしまうせいかもしれません。

食べ合わせを工夫して上手に糖質をカットすれば、ダイエット中でも空腹をガマンすることなくボディキープができそうです。

 

【ダイエット特集】

※ 食事制限は週たった2日でOK!? 研究で判明した効率的な減量法

※ カロリーより「糖質」が重要!知られざる簡単ボディキープ術

※ 意識して食べるとパワー倍増!? 美容によい冬の野菜まとめ

※ ダイエット成功のために知るべき空腹をごまかす裏技5つ

※ 日常生活の中でできる「痩せやすい体質」を作るテク5つ