胃に良いだけじゃない!実は美容効果もある「七草粥」の秘密

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔から1月7日に無病息災を願って食べる習慣がある、七草粥。ご存知の通り、セリ、ナズナ、スズナ、スズシロ、ホトケノザ、ゴギョウ、ハコベラの7つの野草をおかゆに入れた食べ物ですが、実は中国から平安時代初期に伝わった習わし。

その頃は、米やあずき、ごまやアワなどの七穀を入れるのがスタンダードだったようですが、鎌倉時代になって現在使用されている野草に変わったのだとか。

そんな七草粥の効果としては、お正月明けに食べるということもあり、ごちそう続きでもたれた胃袋すっきりさせる健胃効果が有名。もともとおかゆ自体が胃にやさしく、カロリーも低いことから、年末年始の食べ過ぎをリセットするためにももってこいですよね。

でも、実はそれだけではなく、むくみ解消効果やシミ・そばかす予防、ひびやあかぎれを防ぐハンドケア効果など、美容にも良いってご存知でしたか?

七草には、ビタミン各種、カルシウム、カロチン、鉄分などがバランス良く含まれており、様々な健康&美容効果が期待できるのです!

 

■七草の健康&美容効果

・健胃&むくみ解消・・・セリ、ナズナ、スズナ、スズシロ、ホトケノザ

・利尿作用・・・セリ、ナズナ、ハコベラ

・リラックス効果・・・スズナ

・肝臓回復効果・・・セリ、ナズナ

・解熱効果・・・セリ、ナズナ、ホトケノザ

・去痰効果・・・セリ

・せき止め効果・・・ゴギョウ、スズシロ

・貧血予防効果・・・スズナ

・シミ&そばかす予防・・・スズナ

・ひび&あかぎれ予防・・・スズシロ

 

おかゆは、消化が良い病人食というイメージがあるかもしれませんが、七草を入れるだけで、こんなに素晴らしいパワー食に変わるなんて、嬉しい限り!

最近では七草全てを用意しなくても、セットになってスーパーなどでも発売されているので、1月7日は是非、七草粥に挑戦してみてはいかがでしょうか?

たんぱく質やボリュームが欲しかったら、白身魚やゴマなどを入れてアレンジしてもOK。自分好みの七草粥を作っても楽しいですね。

 

【参考】

※ 飯倉晴武(2003)『日本人のしきたり』 青春出版社