恐怖!正月前に知っておくべき「平均2kg増える正月太り」の実態

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年もようやく仕事納めを迎え、帰郷や旅行する人たちで主要駅は混雑状態。「お正月ぐらいは頑張ることを忘れて、ゆったりと休みたい」と思うのは当然ですよね。平均5日のお正月休みは、期間の長さで言うとGWとあまり変わりません。

しかし、GWと正月休みで大きく異なる点も。それは“休み明けの体型”! レジャー施設や観光地など、活発に動き回るGWとは違い、お正月は家でゆっくり、のんびり過ごしがち。

その結果、休み明けのお腹はポヨポヨ……。顔もいつの間にか二重あご、なんてことに。

そんなお正月太りの実態を、KDDI株式会社が1年前に、2011年の年越しでのお正月太りのアンケート調査で明らかにしています。お正月前の今こそ、どんなところに落とし穴があるのか、確認してみたいと思います。

 

■約72%もの女性がお正月太りに。しかも増加体重は平均2キロ!

あなたが今年実現させたいこと、という題目で“ダイエット”と答えた方を対象に行った調査にも関わらず、お正月太りした女性は71.7%という圧倒的に高い結果に。ほとんどの女性がお正月太りをしてしまうのです!

しかも、増加してしまった体重は、なんと平均2キロ。平均5日しかないお正月休みで、2キロも太ってしまうとは……。恐るべし、お正月。

 

■お正月太りの原因は「お正月ぐらい、いっか!」という気持ち

そもそもダイエットに意欲があるにも関わらず、こんな短期間で太ってしまう理由は何なのでしょうか? 同調査によると約85%もの人が、「食事制限をしなかった」ことを理由に挙げています。

普段は食べたいものを我慢してばかりだけど、「せっかくのめでたいお正月ぐらい、まぁいっか」と緩む気持ちから、つい高カロリーだとは分かっていながらも、お餅に手を伸ばしてしまうようです。

また、自宅で親戚や友達同士で集まって飲む機会も増えるため、お酒をひたすら飲み、高カロリーの食事をして、その後そのままゴロ寝する。なんて、うらやましいほどに自由に過ごしてしまう、お正月の慣習も原因にあるようです。

 

確かに、お正月ぐらいはダイエットのことも忘れて楽しみたいもの。しかし、2キロの体重を戻すことは、簡単ではありませんよね。その後の自分への負担も考えると、少しお正月の過ごし方は考えた方が良いのかもしれません。

 

【正月太り対策】

※ 今年こそ痩せたい!「正月太り」も解消できると早くも話題沸騰の美容ティー

※ 科学で実証された「脂肪が付きにくい体になる」料理とは

※ これは盲点…知られざる「痩せやすい体」を作る簡単テク

※ 人気料理研究家がすすめる「25kg痩せた」食べ物とは?

 

【参考】

KDDI株式会社「これが、2011年正月太りの現実!平均 約2kg 増!!」