本当は角質のせい?意外と知らないくすみの原因と対処法【アンチエイジング特集】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「何だか顔がくすんでいて疲れているように見えて困る」とか、「くすみがすごくてスッピンなんて見せられない」なんて方に朗報があります! 今回は、いきいきとしたツヤツヤ透明感あるお肌になれる方法を伝授しちゃいます。

この方法で是非、一点のくすみもないキラキラな顔で新年を迎えましょう!

 

■顔のくすみって一体何? 解決法とは?

顔のくすみというのは、ターンオーバーが乱れることや乾燥する空気などが原因だったり、血流の流れが滞っていることによって皮膚の表面の古い角質が残ったままとなり起こる場合が多いです。

そんな角質が厚くなっている場合は、まずその古い角質を取り除いてあげることが大事なポイントとなります。取り除いてあげてターンオーバーを正常に戻してあげることが大切です。

特にターンオーバーは就寝中に行われるので、寝不足だったり不規則な生活リズムを繰り返しているとお肌がくすみやすくなるのですよ。くすみのない肌をキープするためにも、しっかり睡眠はとりましょうね。

また、当たりまえのことですが、連日連夜の忘年会などの飲み会でついついメイクを落とさないで寝てしまう方っていませんか?

メイクをした日はしっかりその日のうちにしっかり汚れを落とすクレンジングを行いましょう。メイクでお肌の毛穴を塞いでしまうと、老廃物が排出されないで角質が厚くなってしまう原因になってしまうので、くすみやシミをお肌に作りたくない方は絶対に避けましょうね!

 

そしてくすみを改善するために、血流の流れを良くしましょう。マッサージ用のゲルやオイルを使ってフェイスマッサージすることがオススメです。

顔だけではなく頭もつながっているので、ヘッドマッサージも一緒に行うとさらに効果が増しますよ!

これはくすみだけではなくフェイスラインのリフトアップにも効果があるので、老けたくない方は定期的にマッサージを行いましょう。

最後に、体全体の血流の流れを良くすることでくすみにくい肌を保つ秘訣ですので、運動をして代謝をあげるように心がけましょうね!

ただし、どうしても疲れ顔が取れない方は、メイクの力に頼りましょう。血色を良く魅せるコーラルピンク・オレンジ系のチークやリップをのせたり、ピンクのコントロールカラーで血色の良い顔作りをしていってくださいね。

 

【アンチエイジング特集】

0. イントロ

1. しみ

2. しわ(首・目尻)

3. 目元のくま

4. 顔のくすみ

5. ほうれい線

6. たるみ・毛穴

7. 顎のたるみ

8. 抜け毛

9. 垂れ尻