「全世界美女ランキング2011」発表!注目の日本勢は?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカの映画専門サイト『インディペンデント・クリティクス(Independent Critics)』が、2011年の『最も美しい顔100(MOST BEAUTIFUL FACES 2011)』を発表しました。

昨年、「2010年の全世界美女ランキング発表! 日本人で唯一ランクインしたのは…?」という記事でもお伝えしたように、このランキングの選考基準は、純粋に“顔の美しさ”のみ。

スタイルやキャラクター、人気は一切関係ないというユニークなランキングで、1990年から続いている人気コンテンツです。最近では全世界から注目を集めており、2500万ものユニークアクセスを誇っているとか。

また、昨年は日本人として初めて、モデル・女優の佐々木希さんが33位にランクインしたことでも話題になりましたね。果たして今年、日本人でランクインしたのは……?

まずは、上位10人のプロフィールからのぞいてみましょう!

 

■美女ランキング上位10人のプロフィール

・1位:Emma Watson(エマ・ワトソン)1990年生まれ

イギリスの女優。映画ハリー・ポッターシリーズのハーマイオニー・グレンジャー役で有名。昨年2位から順位を上げ、堂々の1位に!

・2位:Camilla Belle(カミーラ・ベル)1986年生まれ

アメリカの女優。主な作品は『紀元前1万年』『PUSH 光と闇の能力者』。昨年1位から惜しくも陥落。

・3位:Rihanna(リアーナ)1988年生まれ

カリブ海、西インド諸島の島国バルバドス生まれの人気歌手。昨年16位からベスト3入り。

・4位:Emily Browning(エミリー・ブラウニング)1988年生まれ

オーストラリアの女優。主な作品は『ゴーストシップ』『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』。

・5位:Song Hye Kyo(ソン・ヘギョ)1982年生まれ

韓国の女優、モデル。韓国人として初めてファッション雑誌『Vogue』の表紙を飾ったことでも有名。昨年18位からランクアップ。

・6位:Chloe Moretz(クロエ・モレッツ)1997年生まれ

アメリカの子役女優。映画『キック・アス』で演じたキャラクター“ヒット・ガール”で一躍、人気者に。

・7位:Marion Cotillard(マリオン・コティヤール)1975年生まれ

フランスの女優。このランキングの常連でもある彼女は、昨年12位からランクアップ。

・8位:Tamsin Egerton(タムシン・エガートン)1988年生まれ

イギリスの女優、モデル。昨年の3位からランクダウン。

・9位:Amber Heard(アンバー・ハード)1986年生まれ

アメリカの女優。正統派美人女優と評される。

・10位:Carice Van Houten(カリス・ファン・ハウテン)1976年生まれ

オランダの女優。代表作は『ブラックブック』。昨年24位からランクアップ。

 

■日本勢でランクインしたのはアノ人とアノ人!

日本勢を見てみると、昨年33位にランクインしたモデル・女優の佐々木希さんは、71位に順位を下げました。そして、92位にはモデル・女優の蛯原友里さんが初ランクイン。

同サイトでは、常によりキュートであり続けようと努力する彼女の姿勢を「素晴らしい」と評価しています。

『インディペンデント・クリティクス』のサイトには、1位から100位までの全ランキングが写真付きで紹介されています。当然のことながら、思わずため息が出てしまうほどの美形揃い! 「世界にはこんな美女がいるのか~」と眼福にあずかるのが、このランキングの楽しみ方かもしれません。

 

【参考】

MOST BEAUTIFUL FACES 2011 | TC Candler