今こそ実践!ストレスを和らげリラックスする10の方法【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何かと慌ただしい年末。目の回るような忙しさで、息つく暇もない……という人も多いのではないでしょうか。

十分な休息も取れないまま日々緊張を強いられ、溜まっていくストレスをそのままにしておくと、やがて心や体に大きなダメージを与える可能性があります。

そこで今回は、ストレスを和らげ、心身をリラックスさせるのにベストな10の方法をご紹介します。

 

■1. 瞑想する

瞑想というと難しそうに感じるかもしれませんが、そんなことはありません。ただ静かで落ち着ける場所に座って、目を閉じ、ひとつのことに集中すればいいだけなのです。

楽しいこと、ポジティブなことをイメージして、ゆっくりと深呼吸をしてみてください。もしくは、頭の中を空っぽにして、ゆっくり呼吸に意識を集中するのも良いでしょう。

時間は1分でも5分でもかまいませんので、心地良いと思える長さで行ってくださいね。

最近の研究では、瞑想は心身の静寂を取り戻すだけでなく、健康にも良いことが分かっています。アメリカのケンタッキー大学の研究結果によると、瞑想には血圧を下げる効果があることが示されたそうです。

 

■2. 睡眠を取る

十分な睡眠を取ることは、心身の疲労回復を助け、免疫力や病気への抵抗力を高めます。睡眠をおろそかにすることは、回復力を低下させると同時に、ストレスレベルを上げることになるのです。

睡眠の質を高めるための工夫については、「簡単すぎる?良質な睡眠で美肌を作る「ちょっとした習慣」」という記事でも触れていますので、ぜひ参考にしてください。

 

■3. 音楽を聴く

イライラしている時や仕事に追われている時、好きな音楽を聴くのは、ストレスを減らして不安を取り除くのに最適な方法です。心地良い音楽は、かき乱されてピリピリした心をリラックスさせる効果があります。

自分にとって心地良いと感じられるならば、ジャンルは問いません。あなたの心をリラックスさせる曲を集めたプレイリストを作っておくと良いでしょう。

 

■4. お風呂に入る

入浴はシャワーだけで済ませるという人も多いかもしれませんが、疲労回復のためにもなるべく湯船にはしっかり浸かりたいものです。体が芯から温まって血行が促進され、質の良い睡眠を得ることにもつながります。

「震災後「お風呂を楽しめなくなった方」必見!短時間でリラックスできる方法4つ」という記事でご紹介したように、心地よい香りの入浴剤やエッセンシャルオイルをバスタブに入れ、アロマキャンドルに火を灯してリラックスするのもおすすめです。

 

■5. アロマを楽しむ

植物から抽出された香りの精油を用いて、心身のバランスを整えるアロマテラピー。中でも、ラベンダーやカモミール、ゼラニウムといった香りには、気持ちを落ち着かせてリラックスさせる効果があります。

アロマディフューザーやアロマ加湿器を使って部屋中を香りで満たし、お気に入りの香りを堪能してみてはいかが?

オフィスでは、マグカップに熱めのお湯を入れて精油を1~2滴たらし、芳香浴を楽しむのも効果的です。

 

【後編】では、残りの5つの方法をご紹介します。

 

【関連記事】

※ 簡単すぎる?良質な睡眠で美肌を作る「ちょっとした習慣」

※ 震災後「お風呂を楽しめなくなった方」必見!短時間でリラックスできる方法4つ

【参考】

Meditation Can Lower Blood Pressure, Study Shows