簡単すぎ?飲み会翌日のブサイク顔を卒業する方法3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飲み会が続き、睡眠不足に陥りがちなこのシーズン。朝起きてみたら、完全に顔がヤバイ……。なんて経験ありませんか?

メイクでなんとかしようと思っても、ガサガサになった肌や、むくんでパンパンの顔、一回り小さくなった目など、根本から正さなければごまかしきれません

そんなときのための、緊急対策を3つご紹介します!

 

■1. ガサガサ肌 → 化粧液&美容液3分間パック

化粧水を含ませたコットンの上に美容液を3滴ほど落としてなじませ、コットンをはがして、気になる部分に乗せます。

朝は化粧崩れが気になって、クリームやオイルなどを使えないという人にもオススメ。3分間行うだけで、通常のケアより浸透が高まり、ガサガサな肌コンディションを整えてくれます。

 

■2. どんより目元 → ホット&クールパック

水でぬらして電子レンジで温めた蒸しタオルと、冷蔵庫で冷やすか保冷剤をはさんだクールタオルを用意。いつもどおりにスキンケアを行ったら、ホットタオルを3分、クールタオルを3分……というように、交互に目元に当てます。

こうすることで、リンパや血流がよくなり、正常な状態に戻りやすくなります。最後はクールタオルを当てて引き締めれば完了!

 

■3. パンパン顔 → グーマッサージ

むくんでパンパンに腫れた顔には、自分のこぶしを使ったマッサージが手軽で効果的。グーをつくったら親指を内側に向け、親指以外の4本の指の第二関節部分を使ってマッサージ。

頬や目元、フェイスラインなど、むくみが気になる部分をコロコロ転がすように2~3分マッサージするだけで、血行が良くなる上、ツボ刺激にもなり、気になるむくみが引いていきます。

 

朝の時間は貴重なので、「なかなかパックやマッサージなどゆっくりやっていられない!」と思うかもしれませんが、このひと手間をするかしないかで大違い!

メイクノリもよくなるので、むしろメイク時間の短縮につながるかもしれません。飲み会明けに限らず、むくみやくすみが気になるときなどに是非試してみてくださいね。