これならできそう!実は美脚の秘訣は「毎日足湯」だった【韓国レポ】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

韓国人女性の美脚の秘訣のひとつとして挙げられるのが、“毎日の足湯”。日本でも足湯の施設などが存在しますが、韓国ではそれ以上にポピュラーな美容健康法として日常生活の一部として定着しているようです。

そういえば、韓国でマッサージ店などにいくと、必ずと言っていいほど、最初に足湯タイムが設けられています。

これからマッサージする上で足を清潔にしておいたり、血行をよくしてマッサージの効果をよりアップさせることが目的なのでしょうが、実は足を温めることこそが、韓国女性が実践している美容法だったのです!

“冷えは万病のもと”と日本でも昔から言われていますが、そのくらい冷えは身体にとっての大敵。特に、身体の中の水分は下半身に滞りやすくなり、末端に溜まって冷え症状を起こします。

足は別名“第2の心臓”とも呼ばれており、血液を心臓へ向けて送る働きもあるため、足をあたためることで全身の血流がよくなると言われているのです。

それではここで、簡単にできる足湯の方法をご紹介します!

 

■超簡単な足湯テクニック

1:深めの容器を用意します。(無い場合、タライなどでもOK)

2:お湯の温度は42~43度がベスト。熱いのが苦手な方は、人肌程度の温度から徐々に上げていきましょう。

3:両足をお湯につけ、20分以上キープします。風邪をひいている時や、身体が冷えている時は1時間以上行うとより効果的。

 

そして、足湯やマッサージを行う前に、韓国ではお茶を出してくれるところが多いのも特徴。足湯やマッサージを行うと、老廃物が流れたり、汗をかいたりするので、よりその効果を高めるために、事前に高麗人参茶やお湯・お茶などをコップ1杯でも飲んでおくのが良いそう。

こうすることで、血の巡りもよくなり、足のむくみも取れ、肌荒れの原因ともなる老廃物がスッキリ流れるのだそうです。

「それなら、足湯じゃなくてもお風呂に入っても一緒なのでは?」とも思いがちですが、実は身体の芯から温めるには、全身浴より足湯のほうが効果的なのです!

容器とお湯さえあれば、どこでもできる美容健康法。是非試してみてはいかがでしょうか?