ハードな忘年会で「二日酔いにならない」ために知っておきたい事実

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろ、連日の忘年会で、胃腸や肝臓が疲れている頃では? 毎日お酒や濃い味付けのものをたくさん飲んだり食べたりしていると、胃がもたれたり、二日酔いになったりと体が悲鳴を上げてしまいます。

でも、「クライアントさんとのハードな飲み会で、どうしてもお酒が避けられない……」なんていうのが、日本のサラリーマン社会の辛いトコロ。

有名な二日酔い防止対策として“お酒を飲む前に、ウコンを飲む”といわれていますね。ウコンに含まれるクルクミンという成分は、飲酒中にアルコールをどんどん分解するように肝臓に働きかけてくれます。

 

そこでオススメなのが、『コカコーラ』の『リアルウコン 炭酸』。飲むと飲まないとでは、翌日のスッキリ度が変わってきます。

クルクミンが30mg入っているのに加えて、アラニンというアミノ酸が5,100mg含まれています。このアラニンは、二日酔いの効果もあると言われているしじみに多く含まれているアミノ酸で、肝臓を守りアルコールの代謝を高める働きをしてくれます。

ウコンドリンクは、ウコンの独特の臭みと後味の悪さがちょっと苦手だったのですが、この『リアルウコン 炭酸』は、シュワシュワ飲みやすいパイナップル味の微炭酸で、飲みやすいんです。

ソフトドリンクみたいなので、「今までウコンのドリンクはちょっと苦手だった」という方にもオススメです。

飲んで帰ってきてからすぐ、または二日酔いで朝を迎えてしまった場合でも、ウコンに含まれるクルクミンやアミノ酸を摂ることで、アルコールを分解し続けて疲れてしまった肝臓をもう一度元気にすることができます。

 

お酒に飲まれてしまって大切な会食で失態をおかさないように、辛い二日酔いで翌日の会議や商談で失敗しないように、“胃腸や肝臓の自己ケア”を行うことは、現代のビジネスマン&ウーマンのマナーと言えますね。

かくいう私も、今日もバッグにしのばせて……、行ってきます!

 

【参考】

※ REALウコン(リアルウコン)