韓国・金浦空港前にオープンした巨大複合施設を探訪!【韓国レポ】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羽田空港から直行! ソウル市内へ約30分とアクセス抜群の金浦空港・国際線ターミナルの目の前に、2011年12月9日(金)オープンした、百貨店やホテル、ショッピングモールに映画館、公園や文化施設も備える巨大複合施設『ロッテモール金浦空港』。

出張でソウルに向かう際、ちょうどオープン当日の夜に金浦空港に着いたので、早速見に行ってきました!

 

この施設は、地下6階・地上9階建。建物全体で約9万5,000坪の広さを誇り、地下3階の駐車場は5,000台収容!

ショッピングして、映画を見て、カフェに行って……など、様々な文化と娯楽を楽しむ新たな消費階層・モーリング(malling)族をメインターゲットにした施設で、丸一日休日を楽しめるつくりになっています。

また、メインターゲット以外にも、幅広い世代に対応した施設づくりが心がけられているのだとか。そのひとつが、ショッピングモールの床にカーペットを敷いて巨大な施設内を歩きやすくすること。

さらに、建物には公園が併設されていたり、随所に“GREEN”を意識したつくりになっていて、ファミリーや年配者にも配慮されています。施設の1階には『トイザラス』の大型ショップもあり、子ども連れでも楽しめそう!

 

現在、金浦空港は東京・大阪の直行便の他、中国は上海・北京などの国際線が運航されており、このロッテモールも、日中韓の観光客をターゲットとしているのだとか。

それだけに、100店舗以上が入店しているファッションフロアには人気海外ブランド『ZARA』や『H&M』、それに日本の『サマンサタバサ』や『ユニクロ』なども出店しています。

空港隣接のホテルといえば、ビジネス色オンリーというイメージですが、こちらのホテルは地上8階・約200室の規模。空港から直行できるので、ショッピングなど観光での利用にもピッタリ!

レストランはもちろん、フィットネスなども兼ね備えた“特2級”のホテルで、木の温かみがあるブラウンを基調にしたモダンな客室はゆったりと過ごせそうです。

一方、成田空港との直行便が行き来している『仁川国際空港』も、映画館やスケート場、フードコートを備えた複合文化空間をオープン。韓流スターをイメージモデルに起用した化粧品専門店なども入店し、今後芸能人を招いたイベントなども行われる予定なのだとか。

 

進化する、韓国の玄関口。日本の空港も、プラネタリウムや温泉など様々な施設が入って話題になりましたが、韓国も負けてはいないようです。是非、韓国に行った際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

 

【参考】

※ ロッテモール 金浦空港ホームページ