「ブス髪」に今すぐサヨナラできる超時短ヘアケア3選【時短美容特集】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬はただでさえ空気が乾燥しているうえ、暖房などがダイレクトに直撃して髪がパサつきがちな季節。温度も湿度も低いので、「静電気で髪が広がる」といったお悩みもよく聞かれます。

こうしたダメージをケアをせずに放っておくと、ツヤも潤いもすっかり失われた“ブス髪”へとまっしぐら! 普段からカラーやパーマを繰り返している人は特に注意が必要です。

しかし、そうはいっても「仕事で疲れていて、帰宅後ゆっくりヘアケアにかける時間がない」「子どもと一緒に入浴していてじっくりヘアケアできない」という人も多いでしょう。

そんな忙しいあなたのために、今回は時間をかけずにツヤツヤの美人髪になれる厳選時短テクを3つご紹介します!

 

■1. なんと“放置時間0秒”! 超時短トリートメントでダメージ補修

ダメージヘアを修復する最も手軽なケア方法といえば、お風呂でトリートメントをすること。でも、従来のトリートメントは髪に伸ばした後、数分間放置して浸透するのを待たなければならず、急いでいるときは面倒くさいイメージがありました。

そこでおすすめなのが、ロレアル パリの『エルセーヴ ダメージケアPROEX クイックオイル リペアトリートメント』。なんとこちらは、“放置時間0秒”のトリートメントなのです。

髪全体にスプレーしてなじませたら、揉みこんだり、放置したりする必要はなく、すぐに洗い流して大丈夫! みるみるうちに髪がしんなりと柔らかくなります。

超微粒子のマイクロオイルが傷んだ髪を瞬時に集中補修しながら、乾燥からもしっかり髪を守ってくれますよ。

 

■2. 瞬間吸水! 速乾ヘアターバンでブロー時間を短縮

濡れた髪はキューティクルが開いていて水分が流出しやすいため、シャンプー後はすぐにドライヤーで髪を乾かして潤いをとじ込めることが大切!

でも、スキンケアにボディケア、子どもの世話など、何かと慌ただしいお風呂上がり。すぐにドライヤーをかけるのは難しいことも多いですよね。また、ドライヤーの使用時間もできるだけ短縮したいところ。

そんな時は、すっぽりかぶるだけで髪の水分を吸収してくれるヘアターバンを活用しましょう。おすすめはクロンティップイノベーションの『マイクロSPAターバン』のように、吸水性に優れたマイクロファイバー素材のものです。

使い方は簡単! 筒状のターバンを首まですっぽりかぶったら上に向かって引き、髪の毛を中に入れてボタンで留めればOK。この状態でスキンケアやボディケア、着替えなどを済ませてしまいましょう。

10分ほどしてターバンを取ると……、髪はすでに半乾きの状態! 髪の水分をあらかじめ少なくしておくことで、ドライヤーをかける時間が大幅に短縮できます。

 

■3. 手や爪までケアでき一石二鳥! ピュアオイルでパサつき防止

ヘアケアの定番となりつつあるのが、洗い流さないトリートメント。髪のパサつきを防いでしっとりとまとめるためには欠かせないアイテムですよね。

専用のアイテムを使のももちろんおすすめですが、ジョンマスターオーガニックの『アルガンオイル』のような、ピュアな植物オイルを使うのもひとつの方法です。

アルガンオイルとは、モロッコに生育するアルガンの樹に実る果実から抽出された希少なオイル。保湿力が高く、オリーブオイルの2~3倍ものビタミンEを含み、柔らかく潤うツヤ髪へと導いてくれます。

使うタイミングは、ドライヤーで髪を乾かす前。手のひらに数滴垂らして両手をこすり合わせるように伸ばしたら、手ぐしを通すようにしてタオルドライした髪になじませましょう。ベタつかずにするする伸びて髪に自然なツヤを与えるとともに、乾燥からもしっかり守ります。

肌にも安心して使えるオイルだから、髪を乾かした後、手に残ったオイルをそのまま手にすりこめばハンド&ネイルケアまで一度に済ませられるのもうれしい! まさに一石二鳥の時短テクです。

 

いかがでしたか? こうしてみると、時間をかけなくてもダメージヘアを修復する方法は意外とありますよね。効率よくポイントを押さえて、ツヤと潤いのある美人髪を取り戻しましょう!

 

【時短美容特集】

0. “時短美容”の極意

1. クレンジング

2. スキンケア

3. ベースメイク

4. アイメイク

5. リップ

6. チーク

7. ヘアケア

8. 小顔

9. 美脚

 

【参考】

※ ロレアル パリ LOREAL PARiS

※ STYLA ONLINE STORE / スタイラオンラインストア – john master organics